新着記事
  • HOME »
  • 新着記事 »
  • 木村優志

木村優志

「人生は、フリーランスだ」 -No.470- フリーライター 八木彩香

  僕は就活生。   今、話を聴くべき人が目の前にいる   大手企業? ベンチャー企業?   答えはNo。 彼女は、フリーランスという道を歩んでいる   「やっぱり大企業に行きたいですか?」 のっけから、そんな …

「虹色の経験が、芯のある柔軟さに」 -No.429- 東洋英和女学院大学4年生 長藤由理花

  「宝石みたいに目立つのではなく ビー玉みたいにいろんな色にきらきら光る いつかそんな女性になりたいです」   彼女がBlogに綴っている そのことばに とても惹かれた。   ブロガー、学生団体、ミスコン 就 …

「みんなのために。みんなの笑顔が見たいから」 -No.418・419- 青山学院大学文学部英米文学科3年生 URC14期代表 曽根 巨人/青山学院大学国際政治経済学部3年生 URC14期 川口 愛

『United Rhythm Carriers』。 通称、”URC”と称しているヴォーカルグループが青山学院大学にある。 R&Bやゴスペルといった洋楽を歌い、観に来てくれる人たちに笑顔を届ける、エンターテイメント …

ただの東大生で、終わりたくないやんな ②就活編〜Venture mind〜 -No.402- 東京大学経済学部4年生 和田直也

    前回の受験編に引き続き、今回は就活編。   常識に捉われない就活をしてきた彼の話を どうしても聴きたかった。   東大生の就活事情って、実際どうなの? 大手企業に入らず、なんでベンチャー企業な …

ただの東大生で、終わりたくないやんな ①受験編〜東京大学への軌跡〜 -No.401- 東京大学経済学部4年生 和田直也

    初めて彼に会った2年前 不思議な感覚に陥った   「こんな東大生、今まで見たことない」 そんな衝撃を受けたことを鮮明に覚えている     お得意のお笑いで 人をいつも笑顔にさせてくれる   周 …

化学×教育という武器で、学びのimageを届けるんだ -No.389- 京都大学大学院 工学研究科化学工学専攻修士1年 大屋智和

  理系として、化学の研究に尽力し、 その一方で、教育を志す   いわば、『異端児』と呼んでもいい人がいた   彼の授業を高校の頃に受けていれば、 人生もう少し変わっていたかもなぁと思うんです     …

「学生のうちにしか、できないことなんてないよ」 -No.386- 学生ドリームプラン・プレゼンテーション名古屋創設者 清水崚

  一年ぶりの再会。 彼は社会人2年目になった。   Facebookをいつも追っていると、本当に楽しそうに『生きている』。 だから思い切って、聴いてみたんです。   「清水さんは、なんでそんなに楽しく生きてい …

「ミスコン、女子大生団体代表、そして就活。全てに全力で挑戦する女子大生の可能性」 -No.384- 椙山女学園大学4年生 浅野由美子

「話したら面白い女の子がいるから、名古屋に来たら会ってほしい」 そう言われて紹介されたのが彼女である。   彼女の経歴を見てみると、 ミスコン準グランプリ,女子大生団体代表,就活で熱心に取り組む姿勢。 なんだか話の引き出 …

『覚悟をもって、困っている人を助ける。』 -No.354- 日本ソマリア青年機構設立者 早稲田大学教育学部4年生 永井陽右

    第一印象は長身で、イケメン。 インタビュー当日、筆者の前に現れた彼は到着して早々口にした言葉があった。   「僕、ソマリアが好きじゃないんです。」   あれあれ、インタビューしていいのだろうか。   彼 …

『「りなぱん」が語る、大学受験体験記』 -No.290- 青山学院大学国際政治経済学部3年生 小菅莉奈

    大学生活に慣れてくると、外へ、外へ、という意識が強くなる。 筆者もそのうちの一人だった。 しかし、大学内にロールモデルとなるような人はたくさんいる。 皆さんは『りなぱん』という名前を聞いたことがあるでしょうか? …

人と生きたい。その一心で創り続ける。 -No.258- 慶應義塾大学総合政策学部3年 初鹿敏也

    まず驚かされたのはなんといっても彼の経歴だ。 彼は映像クリエイターとして数々のコンテストで賞をとり、また若者から高齢者を対象に映像制作を行う活動を行っている。 しかし、そんな彼は自分に対して謙遜し、 僕 …

学生団体をサークルと同じように『世の中の当たり前』を浸透させたい -No.240- 学生団体SPIC代表 成田理

  今回のインタビューは現在「学生団体のための学生団体」というコンセプトで活動を行っており学生団体SPICで代表をなさっている成田理さんにお話を伺いました。インタビューは、SPIC主催のコンテストが迫ってきている忙しい時 …

若者の力を未来国会から発信したい -No.225- 未来国会2013代表 山元富士丸さん

    今回のインタビューは、現在慶應義塾大学法学部3年生で、日本初の若者のための国家デザインコンテストを運営しており、未来国会2013の代表である山元富士丸さんにお話を伺いました。 第一印象も落ち着いた感じで、その経歴 …

「マレーシアと日本で貢献したい」 -No.210- 一橋大学社会学部社会学科4年 サラ・ラシカ さん(2013年6月5日)

    今回のインタビューはマレーシアからの留学生で、現在一橋大学4年生のサララシカさん。 ラシカさんが日本に来て、日本とマレーシアで感じた経験、これから取り組みたいことについてお伺いしました。 (文:木村優志)   ★ …

カテゴリー

  • facebook
  • twitter

カテゴリー

Copyright © tsunagalien2014 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.