新着記事
  • HOME »
  • 新着記事 »
  • 地域活性

地域活性

ボッチ充が地方貢献へ動き出す。 -No.506- 面白ハンター 山本哲

  Facebookのニュースフィードに流れてきた、”面白ハンター”という名のブログ。 そっとリンクを開いてみる。 「なんだこれ…?」というのが正直な感想だ。 そこでは、札幌市在住の男子大学生が1人で、 観覧車 …

人との出会いをたいせつに紡いでいく。-No.494-史上初の仙台7大学合同イベント「学魂祭」実行委員長 柴田一生

  「学都仙台」。 東北の中枢都市である仙台市には、現在約5万人の学生が暮らしているといわれています。 加えて、人口あたりの学生数は13大都市中、大学院生で2位、大学・短大生で4位、専修学校・各種学校の学生数で …

古民家再生を通じて、日本の旅をもっと楽しく。 -No.492〜493- 庵プロデュース 黒木裕行・小野文子

  日本各地で問題となっている空き家。 こうした古民家を一棟貸しの宿泊施設として改築する活動を中心に、地域のまちづくりの取り組みをサポートする「庵プロデュース」という会社が京都にあります。 長い時間をかけて培われてきた各 …

魅力の発信から、北海道をさらに盛り上げたい。 -No.481~484- 北海道元気プロジェクト 成田龍祐 髙橋 佳寿美 林 将崇 神野 祐輔

「北海道の若者って、北海道の魅力を実感できていない気がする…。」   何気なく、こんな会話になった。   そこから彼らは、北海道・札幌市からほど近い“村”で、 とあるイベントを開催した。   すべては、 北海道の魅力を再 …

元いじめられっ子が学生起業家に!人生を変えたのは人との出会いでした。-No.479-東北大学3年 嶋田瑞生

                「東北で面白い大学生といえばまず嶋田瑞生でしょう!」 インタビューをはじめたことを友人に話すと、開口一番に必ず言われた台詞だ。 Facebookを見てみると、まず彼の経歴には驚か …

生き生きと働き、生き生きと生きる。 -No.459- 働き方研究家 西村佳哲

ある時はデザイナー、ある時はイベントのファシリテーター、 またある時は大学で教鞭をとり、おまけに本も書く。 西村佳哲―彼はいったい、何者? 西村佳哲(にしむら・よしあき) 1964年東京生まれ リビングワールド代表、プラ …

政治家というキャリア選択。-No.455- 三重県議会議員 稲垣昭義

3月。 新年度を控え、人生の転機を迎える季節。 今回登場するのは、 東海社会人サッカーリーグ2部『ヴィアティン三重』代表取締役後藤大介さんのご紹介。 三重県議会議員の稲垣昭義議員だ。 銀行員としての職を辞し、26歳で挑戦 …

「田舎だから何もない」に突きつける一冊。-No.435- TGJ(津学生情報室)代表 「Loupe」 三重大学2年 佐藤真代

「しょうがないじゃん、田舎だし。」 退屈、不足、閉塞感。 “田舎”という言葉は時にこういった状態を表す際、使われる。 では、彼女の言葉へ入る前に1つの問いを置こう。 「田舎だから何もないは本当なのだろうか?」 &nbsp …

Sky is the limit.「可能性は無限だ」 -No.398- パイロット 室屋義秀

  Predrag Vuckovic/©Red Bull Content Pool   2014年4月13日、クロアチア。   レッドブル・エアレース・チャンピオンシップ2014 第2戦、決勝が行われた。   そこで第3 …

本が生み出す空間の魅力をあなたへ。-No.396- 移動図書館「BUCH」代表 中富紗穂

 #396 中富 紗穂 金城学院大学2年生。 移動図書館「BUCH」代表。 本のある空間の素晴らしさを伝える活動として 47都道府県を回る活動を予定している。     移動図書館という「非日常」が与え …

地元嫌いなそこのキミ! -No.380- 早稲田大学政治経済学部1年 藤井理子

  藤井理子さんは、現在、早稲田大学政治経済学部に通い、政治家を目指す大学一年生だ。岩手県で生まれ育ち、高校時代は東南アジアのマレーシアに一年間留学した。震災を経験した事をきっかけに防災教育にも興味を持つ。震災 …

伊豆大島という宝島へようこそ -No.375- 株式会社イタドリ 代表取締役社長 愛甲大

    伊豆大島を知っていますか? 「名前は聞いたことあるけど…。」 そんな人多いのではないでしょうか?  かつては観光で栄えた島が今、危機にある。 「この島を復活させよう」 そんな想いが立ち上がった。    …

ふんいきの理由を探し続けて。-No.349- 建築学生団体「ASIT-アジト-」発起人 三谷 裕樹

  何かに惹かれて、夢中になる。  彼の場合は、それが「ふんいき」だった。   周囲に左右されず、貪欲に、自分に正直に、 その理由を追い求め続けた人。   三谷裕樹。   常になにかに魅了されていた彼は、 「建 …

街と向き合い、自分と向き合う。-No.338- 「ナゴ校」前代表 西村 翔平

学生と社会をつなぐプラットフォーム。 NAGOYA学生キャンパス「ナゴ校」   参加する学生の数約600人。   行政と学生が手を取り合い、 街の魅力を発信する団体が名古屋にあります。   その代表が、卒業され、新しい世 …

ワクワクからはじめよう。 -No.336- 名古屋わかもの会議 実行委員長 水野翔太

    「スーパーアクティブ大学生」と言えても仕方がないくらいアクティブ。   日本を託せる人がいない?いや、そんな事はない。   託せる人は若者にいるじゃないか。 彼こそ名前は水野翔太君。 &nbs …

想いに寄り添い、可能性を提供する。 -No.327- Webクリエイター 名古屋工業大学2年 後藤誉昌

  個人ブログから学生団体、企業ページまで 幅広く「ウェブ」を創り続ける人が名古屋にいる。   後藤誉昌。   彼はこれまでに 数多くのウェブ作成に携わってきた。     そんな彼の創り続ける理由とは。 &nb …

しばらく、潜らせていただきます。 -No.293- 獨協大学外国語学部英語学科4年生 佐藤慶一

    きっと、この世界には誰にも知られずに眠っている価値がたくさんある    あなたは、NPOに興味がありますか?団体名を挙げられる人も、まだまだ少ないだろう  NPO業界や、海外ボランティアに関わる人なら知らないはず …

過疎地域を、デザインのチカラで魅せていく -No.276- VISIT代表・アートディレクター 西田有輝

  あなたは田舎が好きですか?  電車で通学、コンビニのご飯、都会の喧噪…こんな毎日に、私たちは慣れすぎたのかもしれない  「田舎に行きたい」 疲れを感じると、不思議と生まれるこの感情    そんなある日地域おこしをする …

元ホームレスのおっちゃんたちと、おもしろゆかいな街歩き。 -No.264- Off the Street Japan 代表 増渕鮎美さん、スタッフ 澤本昇さん

   “お人好し、涙もろい、イッチョかみ… おまけにお酒と女性に目がなくて、なんでも笑いに変えてしまう。 そんな大阪巷の魔法使い「おっちゃん」。 貴方もなってはみませんか? 「おっさん化ツアー」。“ そんなアッ …

身近な人たちと共感できる、幸せなコミュニティを作っていきたい。 -No.233- 京都産業大学経営学部2年生 津田俊介

  「僕、京都産業大学の景色を変えたいんです。」   イベントで出会った時、彼は強い想いを語ってくれた。 いわゆる意識高い学生というのは 外に外にと出ていくイメージの中で 彼はなんだか違う気がした。   とはいえさまざま …

知ってもらう、来てもらう。そのためのツールになれば。 -No.229- 第一印刷株式会社キャラクター事業部 バリィさんスタッフ

  「バリィさん」と聞いてすぐには思い浮かばない人も、この姿を見ればピンとくるのではないだろうか。 タオル名産の地・愛媛県今治市のご当地ゆるキャラであり、昨年のゆるキャラグランプリ2012では見事優勝したバリィ …

友だちの悩みを解決できない限り、世界中の悩みなんて解決できない。-No.195-  同志社大学経済学部4年 岡本 明朗さん(2013年4月11日)

    「学生や若者に、今までの学生生活を通じて伝えたいことがあるんです。」 商品開発などさまざまなプロジェクト運営を果たし 『すごい大学生』でも紹介され 現在は就活アドバイザーとしても活動するあきおさん。 かつては普通 …

店の中も高校生の雰囲気で満たす、高校生カフェを。-No.194-  NPO法人 み・らいず・石巻カフェ「」 現場担当 田口 裕也さん(2013年4月9日)

  私は故郷の石巻市に足を運んだ。私と同年代の高校生が切磋琢磨をしていると聞いて、刺激を受けたかったのだ。 私が今回取材に選んだ場所。それは高校生によって運営をしているという噂のカフェ。その名も「」(かぎかっこ)。石巻市 …

僕、ルパン三世になりたいんですよ。 -No.192-  岡山県和気町議会議員 片倉 弘貴さん(2013年4月9日)

    「めちゃくちゃおもろい社会人がおるんよ!」   誰もが口を揃えてそう言うのが、片倉弘貴さんことロッキーさん。 世界遺産でファッションショー?映画コラムニスト? 東京・京都・岡山でアート展示会を開催?武装強盗に襲わ …

弱みがキーに、這い上がった怒涛のビジネス大学生-No.182- 麗澤大学3年  豊後 祐紀さん(2013年2月16日)

  「自分、社会人のおっさんではありません!」 親しくなった方には”ぶんちゃん,ぶんちゃん”と呼ばれている豊後さん。おじさんではありません!! 21歳、正真正銘の大学生です! そういったところも自 …

他のIT企業も、地方に展開することを願って。-No.181- 株式会社toiz取締役 早稲田大学人間科学部  前島 恵さん(2013年2月8日)

    <株式会社toizとは?> 株式会社toizとは2012年3月に、早稲田大学・法政大学の学生4人により設立された、ベンチャー企業。現在は社員全員が静岡県伊豆市に移住し、地域プロモーション・IT事業・教育・ゲストハ …

ゆるく長い繋がり-No.153・154- 一橋大学社会学部3年 伊藤彩香・藤原祥乃さん (2012年11月16日)

    「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2012」開幕前の7月下旬にインタビューを行ったこへび隊のお2人に、閉幕後1ヶ月経った10月下旬、お話を伺った。   (7月に行った前半はこちら)   ―― …

後にも残るような、イイモノを全力で。-No.152- 同志社大学 理工学部 福田 佑貴さん (2012年11月16日)

  環境×地域活動を軸にして多岐に渡り活躍している福田佑貴さん。 中学生の頃から地元、名古屋で社会人と関わりプロジェクトを進めてきた彼は様々な経験を積み、現在も京都で大きなプロジェクトに携わっている。 今日はそんな福田さ …

自分の価値観、捨ててみませんか?-No.117・118- 一橋大学社会学部3年 伊藤 彩香・藤原 祥乃(2012年7月25日)

    過疎化が進行している。   平成23年度4月時点で全国に1724ある市町村のうち過疎市町村の数は776。これは全体の約45%にあたる。一方でその過疎市町村の人口は1123万 人余りと、全国人口の約8%にしかすぎな …

地元宮崎県を九州第二位にする-No.75- 一橋WEBミスターソフォモアコンテスト2011 Entry.9 高山大毅さん (2011年10月28日)

      Entry No.9   名前:高山大毅 大学:一橋大学経済学部2年 生年月日:1990年12月23日 身長:181cm 出身:宮崎   高山さんが代表を務めるイベント・パーティー団体の「7s」の詳 …

一人でも多くの人に幸せに、笑顔でいて欲しい-No.32- 関西のスーパーマルチ大学生 京都光華女子大 谷村瞳さん (2011年9月1日)

      No.32       名前:谷村瞳(@h1t0o )   大学:京都光華女子大看護学科1年   ブログ:私と未来と大学生   連絡先:htm.taa@gmail.com           読者の皆様、いつ …

カテゴリー

  • facebook
  • twitter

カテゴリー

Copyright © tsunagalien2014 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.