新着記事
  • HOME »
  • 新着記事 »
  • バックナンバー No.200~299

バックナンバー No.200~299

がんばった人に、がんばった分だけ、選択肢が届く世の中に。 -No.299- リクルートマーケティングパートナーズ人事部新卒採用グループマネジャー 前川明俊

  私は、就活生である 「リクルートの人事さんのセミナー?行ってみようかな。」 そう思って飛び込んだセミナーで私の世界が、ぐるっと変わった   『学生の不安を前提にしたシステムである『就活』に挑戦したいんですよ』 そんな …

楽しいから、そこで生きたい。 -No.298- 甲南大学マネジメント創造学部 桝谷毬瑛

  入学式ブランドスーツを身に纏った女子や、髪を逆立てている男子の群れ。 そんな中、一人服装が全く違う人間を発見。 ブルーのダウンで防寒し、ジーパンでスーツの人込みを闊歩する、ショートヘアーの女の子。 そう、彼女こそが今 …

まやかしの効かないフィルムで、人を繋げるカメラマンに。 -No.296- 同志社大学文化情報学部2年生 黒髪祥

  カメラマンの彼と、ライターの私ツールは違えど、『伝えたい』という想いは同じだった  出会って1年、お互いに走り抜けて いつの間にか”クロ”は立派なカメラマンになっていた    たくさん迷った、しんどいくらい叩かれた、 …

「俺は人事をヒトゴトにしようと思わない。」No.295 株式会社NEXWAY 人財開発室採用担当 丸尾拓也

  今年もまた一段と寒さが身に突き刺さる12月。 大学三年生は 「内定が決まるまで」 スーツという鎧を纏い、 戦い続ける時期を迎えた。 自己PRを練り上げ、 質問フォーマットに完璧な返答を用意し、 面接に向かう。  もち …

しばらく、潜らせていただきます。 -No.293- 獨協大学外国語学部英語学科4年生 佐藤慶一

    きっと、この世界には誰にも知られずに眠っている価値がたくさんある    あなたは、NPOに興味がありますか?団体名を挙げられる人も、まだまだ少ないだろう  NPO業界や、海外ボランティアに関わる人なら知らないはず …

認められるという幸せのために -No.292- 龍谷大学文学部哲学科教育学専攻 阪野将

何かに対して熱い思いを持つことは、 そう簡単なことではありません。 そこには経験と、決意がありました。 静かな彼の、教育に対する思いは 青い炎のようでした。 -No.292- 龍谷大学 文学部哲学科教育学専攻 阪野将 & …

愛される歯医者さん -No.291- 神奈川歯科大学5年 高山美帆

    神奈川歯科大学5年の高山美帆(たかやまみほ)さん。 数年後には、綺麗な歯医者のお姉さん。   コンビニの店舗数より多い歯科医院という現代。 そんななかで歯科医を目指す彼女の想いとは?     ―― 美帆さんはなん …

『「りなぱん」が語る、大学受験体験記』 -No.290- 青山学院大学国際政治経済学部3年生 小菅莉奈

    大学生活に慣れてくると、外へ、外へ、という意識が強くなる。 筆者もそのうちの一人だった。 しかし、大学内にロールモデルとなるような人はたくさんいる。 皆さんは『りなぱん』という名前を聞いたことがあるでしょうか? …

好きの向くまま、旅するように生きていく。 -No.289- 神戸大学経済学部4回生 藤谷亮太

    『やりたいことを掛け合わせたら、一番になれたんです』http://tsunagalien.com/no.174_1.html  無一文にて日本一周を果たしたあの記事から1年越しのインタビューが実現した 世界一周か …

無理なく行うまちづくり -No.288- 瀬渡比呂志さん

  「奈良きたまち」 近鉄奈良駅から徒歩5分のところにある奈良女子大学のあるエリアはそう呼ばれている。 「またきたくなるまち」 「よろこびのおおいまち」 そんな、きたまちエリアの入口に位置する旧交番所が 「きたまち案内所 …

負の連鎖を断ち切りたい -No.287- 米沢辰弥

      “負の連鎖を断ち切りたい。”   「ぷっち」の愛称で親しまれる、 朗らかな笑顔が素敵な彼の 過去と胸に秘めた熱い想い。     米沢辰弥(よねざわ たつや) 岐阜聖徳学園大学 教育学部 数学専修。 あしなが学 …

まずは知ること、話すこと -No.285- NPO法人 国際交流の会 とよなか(TIFA) 筒井百合子

    今日のランチどうしよう~・・・何料理にしようかな♪そんな時、この店を候補に入れてください。きっと、他では味わえない料理を味わえますよ。    NPO法人 国際交流の会 とよなか(TIFA)     筒井百合子さん …

現代の家族の創り方 -No.284- NPO法人Fathering Japan ファウンダー 安藤哲也

  ある日、私の大学にパーマをかけた髪にサングラス、 黒の革ジャンをばっちり着こなしたロックなオジサマが現れた。 オジサマは私たち大学生を前に高らかと語った。「『イクメン』って言葉をなくすことがゴールなんだよ!」     …

学生が幸せ、会社が幸せ、日本が幸せ、それが『All Happy』 -No.283- 株式会社オーシャンズジャパン代表 高橋信之

    30年間勤めた会社を辞め、学生の帰る場所(ホーム)を作るために今年9月、株式会社オーシャンズジャパンを設立した高橋信之さん。全てはみんなの幸せのため。 目指すは『All Happy』   株式 …

人生を遊び倒そう -No.282- PlayLife株式会社 CEO 佐藤太一

    一度きりの人生をあなたはどう楽しみますか? 仕事、学校、バイト、旅行、デート... あらゆる人生の楽しみ方が存在する。 でも、せっかくの人生楽しまなきゃもったいない。 大切な仲間と過ごす最高に …

人を沸かすコミュニケーション -NO.281- コミュニケーションの達人 小川勇輔(2013年11月27日)

   今の時代「コミュニケーション能力」という言葉は常にどこかに転がっている。それだけ大切だということはわかっている。でも、だからといって何をするといいのかなんてわからない。きっと「これだ!」という正解なんてないけれど、 …

「私と出会うとHappyになれるよ」 -No.280- 新道トモカ

    「彼女の笑顔は人を引き寄せる力がある」     新道トモカ(Shindou tomoka) 東京都練馬区出身。小学4年生から芸能事務所とダンスに通う生活を送る。 中学時代に芸能活動は停止するがダンスは続 …

不安。だから、進もう。 -No.279- 神戸大学経営学部 三回生 福田雄二

  「神戸大学で一番凄いのって誰?」そんな質問を色んなオトナにぶつけてみると、答えは決まって彼でした。  クラブイベント、学生ベンチャー、起業家精神育成ゼミetc.おいおい、チャラいなあ。カッコいいなあ。近寄りがたいなあ …

”飛行機のレース”、リノ・エアレースに唯一参戦する日本人 -No.278- エアレース&アクロバティック パイロット トニー比嘉

  「飛行機のレース」 こう聞いて、あなたはどんな景色を想像するだろうか。   リノ・エアレース。 世界で唯一行われる飛行機のレースが毎年アメリカのネバダ州、リノで行われている。    30年前、このリノ・エアレースに魅 …

無限の可能性、無限のパワーを受け止める。「日本に高校生革命を」 -No.277- 校門前の革命(RSG)代表 森口拓真

  高校生って無限のパワー、無限の可能性を持っている。なのに、それを受け止めてくれる場所がない…。 だったら僕らが受け止めよう。受け止めるメディアを作ろう。 「日本に高校生革命を起こします!」   校門前の革命 …

過疎地域を、デザインのチカラで魅せていく -No.276- VISIT代表・アートディレクター 西田有輝

  あなたは田舎が好きですか?  電車で通学、コンビニのご飯、都会の喧噪…こんな毎日に、私たちは慣れすぎたのかもしれない  「田舎に行きたい」 疲れを感じると、不思議と生まれるこの感情    そんなある日地域おこしをする …

言葉でチャンスを呼んだ高校1年生のロックフォトグラファー。 -No.275- 成城高校1年生 福富晶

      高校1年生にしてライブハウスでカメラを手に写真を撮る福富晶さん。私は「ロックフォトグラファーです」と言葉にしているからこそ掴んだチャンス。あなたは憧れを、夢を言葉にしていますか。   憧れ …

ありのままに、愛を恩返ししていく。 -No.274- 関西学院大学社会学部2年生 永井礼佳

   勝手な偏見かもしれないけれど芸能界だったり、ミス○○だったり なんだか遠い世界で想像できないものだ   だからだろうかこんなに心を動かされるなんて  染まらず純粋に、まっすぐにこんな素敵な『女の子』がいるなんて   …

知識は力、まずは自分の勉強を頑張ること。 -No.273- 東北大学卒業 イリシャット・イブラヒム

    隣の国・中国で起きていること、様々な問題。 どうすればこの状況を変えられるか? イリシャットさんの答えは、「勉強すること」だった。      イリシャット・イブラヒム中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市出身 …

服と相思相愛。 -No.272- 関西外国語大学 山内勇佑さん

  待ち合わせ場所に立っていた彼の足元はピンヒール。 でも、なんの違和感も覚えない。   どうして? その疑問はすぐに解決する。   服を想い、魅せる。 彼は服と相思相愛だったのだ。 -No. 272- 関西外国語大学英 …

次世代の選択肢を増やしたい-No.271- 龍光寺副住職 藤田賢州

    三重県鈴鹿市にある600年以上続く臨済宗東福寺派の龍光寺  そこで副住職を勤める藤田賢州さん 僧としての夢次世代の私達へのメッセージを語ってくださった     修行の僧の生活   「禅宗は全てのものに佛 …

あうんの社会からの脱出 -No.269- 一般社団法人日本論理検定協会 理事長 林弘敏 

     2013年12月9日(月)、有楽町よみうりホールにて「日本における経済・金融・企業再生」をテーマにした国際経済シンポジウムが開催される。   世界や日本を代表する経済・金融関係者および企業のリーダーが …

『ほしい』をカタチに、つなげるサービスを。 -No.268- 同志社大学生命医科学部3年生 小羽田諭孝

  あんなこといいな、できたらいいな  誰もが抱く想いだけれどこの世にドラ○もんは、まだいない。   だけど、サービスは作ることができる。 そう、インターネットならね。   小羽田諭孝(こはだゆたか)広島県生まれ。同志社 …

人生を喜劇に。 -No.267- 同志社大学経済学部3年生 辻亜里沙

    ある日、とても陽気なアカウントにフォローされた。    ”「Share happiness!Pocky ~ 分かちあうっていいね!~」というポッキーのコンセプトにちなんで 1 1 / 1 1 最幸なマジックを仕掛 …

思わず態度が変わっていく、”これからのカフェ”を作るんです。 -No.266- 大阪市立大学2年生 石躍凌摩

  大学生とは、カフェを好きになる生き物なのだろうか。   おしゃれなカフェ、おいしいカフェ、変わったカフェ…… 誰かが工夫をこらしたその空間に、いつの間にか酔いしれる。   ”これからのカフェ”   そのカフェという空 …

この会社と出会って変わったんだ、人生が。 -No.265- 株式会社はぐくむ事業推進部リーダー 平山裕三

      今や日本のスマートフォンユーザーの6割強は「iPhone」を使用している。 そのiPhoneの導入にいち早く成功し、 「孫正義」が一代にして築き上げた大企業「softbank」。 世間でいう勝ち組と …

元ホームレスのおっちゃんたちと、おもしろゆかいな街歩き。 -No.264- Off the Street Japan 代表 増渕鮎美さん、スタッフ 澤本昇さん

   “お人好し、涙もろい、イッチョかみ… おまけにお酒と女性に目がなくて、なんでも笑いに変えてしまう。 そんな大阪巷の魔法使い「おっちゃん」。 貴方もなってはみませんか? 「おっさん化ツアー」。“ そんなアッ …

【特集】ミス東大 × ミス一橋 特別対談! 恋愛トークから受験アドバイスまでお見せします。 -No.262・263- ミス東大2012 徳川詩織/ミス一橋2012 深澤舞

    ミス東大 × ミス一橋 !!   ついに、” 才色兼備 ”の最高峰による、夢の対談企画が実現!!   「わたし、ミスコンの前日に2ちゃんねる覗いちゃった(笑)」   「ミスコンが終わった直後は、体重どんどん増えて …

いつかフィリピンに恩返しがしたい -No.260- 同志社大学2年生 小川亮

    AIESECのメンバーとしてフィリピンに約50日間のインターンに行っていたおがりょーこと小川亮さん。  初めての海外、初めてのインターン……  そこで彼が見たもの学んだものとは。     世界の貧困が見 …

課題過多時代に、広告の力でアプローチしていく。 -No.259- 神戸大学経済学部3年生 伊藤望

  知っていますか? あなたの着ているその服に何リットルの水が使われるのでしょうか あなたの食べているそのチョコレートに何人の命がかかっているのでしょうか   だから伝えたい、知ってほしいあなたの生活に選択肢を。  あな …

人と生きたい。その一心で創り続ける。 -No.258- 慶應義塾大学総合政策学部3年 初鹿敏也

    まず驚かされたのはなんといっても彼の経歴だ。 彼は映像クリエイターとして数々のコンテストで賞をとり、また若者から高齢者を対象に映像制作を行う活動を行っている。 しかし、そんな彼は自分に対して謙遜し、 僕 …

作業療法士という、人の役に立つ仕事 -No.257- 大阪府立大学3年生 佐野あかね

  「人の役に立つ仕事がしたい」 そう言っていた彼女は現在、作業療法士を目指して勉強している。   作業療法士とは、障がいを持った方に対してのリハビリを行うことによって、その人の社会復帰を手伝う仕事である。   確かに、 …

あなたの旅に、心に寄り添う添乗員に。 -No.256- 関西外国語大学5年生 興井健

  『旅』と聞いてあなたは何を思い浮かべますか? 自分探し、バックパッカー、新しい価値観……   いえいえ、そんなに大きなことではないのです。   旅は目に見えないものだけれどその良さをたくさん見せてあげたい。  旅に生 …

逃げたから、病んだから。今、僕には夢があります。 -No.255- 神戸学院大学4年生 長野佑樹

  神戸学院大学 4年生長野 佑樹   オタクじゃなくてプロになる 「香りがすごくいい。後味がすっきりしているから何杯でも飲めるようなコーヒー。」 そういってコーヒーを啜り、香りを楽しむ。ここは長野さんおすすめ …

子どもが夢を持てる社会に。 -No.254- 東北福祉大学子ども教育学部子ども教育学科2年 鈴木啓展

  「けーてん」の愛称で呼ばれる男、鈴木啓展。彼は『教育』にとても熱い想いを抱いていることで仙台のその界隈で有名だ。 衝撃的なエピソードをひとつ紹介しよう。 すやすや寝ているなと思ったら彼はおもむろに顔を上げ、「えっ教員 …

5年間の社会人生活を経験し、もう一度音楽の道へ -No.253- シンガーソングライター オカダユータ

      オカダユータ神戸出身のシンガーソングライター。 5年間の社会人を経験し、もう一度音楽の道へと戻ってきた。 現在、関西を中心にライブ活動および楽曲提供をおこなっている。  &nbs …

女の子は、星なんです。 -No.252- 関西学院大学社会学部2年生 浦島一樹

    初めまして、関西学院大学二年の浦島です。女の子が好きとチャラく聞こえますが、女の子の生き方が大好きです。女の子という存在が好きです。女の子の一つ一つの仕草が大好きです。笑顔が、怒ってる顔が、悲しそうな顔をしていた …

人の幸せが、重なる空間を、作りたい。 -No.251- 関西学院大学4年生 池上真央

     ”ウエディング”という言葉に、あなたは何を思い浮かべますか?  花嫁さん、憧れ、ドレス、幸せ……きっときらきらした言葉が、たくさん浮かんでくるはず。   女の子なら、わくわくする。男の子だって、どきどきする。 …

「好き」が全ての出発点 -No.250- 関西大学政策創造学部3年生 川北桃子

      関西の大学生主催のファッションショー、BEATNIXS。 モデル、衣装のクリエイター、メイク、ヘアメイク、映像、音楽・・・人集めから演出まで全て学生の手で行われる。 そんなファッションショ …

美しさと心に寄り添える、エステサロンを作っていく。 -No.249- 京都光華女子大学人文学部心理学科4年生 杉江菜月

    筆者にとって人生初のエステサロン『B-LIFT(ビ・リフト)』  笑顔の素敵なオーナーさんが迎え入れ優雅さと癒しに満ちた空間が広がる。   『おいおい、何を呑気に筆者はエステに来ているんだ?』というのも オーナー …

社会を変えるのは、根拠のない自信 -No.248- 大阪経済大学経営学部二年 小林右京

                        “若者の自殺率を下げ続けたい” “若者が堂々と夢や希望を語れる社会を創りたい” “その為に、起業する”   信念の元に、動き続ける小林右京 彼を突き動かすものとは一体なんな …

ヒーローは、子どもだけの夢じゃない -No.246- 神戸芸術工科大学2年/特殊造形サークル所属 安田宗之

  神戸芸術工科大学の特殊造形サークルに所属する“紅蓮”こと安田宗之さん。彼は語り始めた。 「ヒーローってただ衣装を着るだけじゃないんです。」   神戸芸術工科大学2年安田宗之      特殊造形サークル    …

頑張っている人を応援したい -No.245- 一橋大学応援部 梅原望

      一橋大学の元気印・梅原望(うめはらのぞみ)。通称梅ちゃん。体育会応援部の4年生。   試合相手に、応援している部の部員だと思われるほど一体となった応援をする彼女。   彼女の応援に何人の選 …

絶対写すぞ、この一瞬 -No.244- 中央大学商学部3年 藤田将登

        カメラが趣味の中央大学商学部3年の藤田将登(ふじたまさと)さん。   プロの写真家とも親交が深く、出掛ける際は2台の一眼レフカメラを持参する。   撮影した写真はFacebookページ(https://w …

ライフスタイルがB-GIRL -No.243- 慶應義塾大学薬学部5年 北村彩夏

      2013年3月、第七回BUZZstyle、学生のためのダンス全国大会。    チーム「AMBULANCE CHASER」は東日本40チームの中で優勝しこの大会に進出。 そしてこの大舞台でも優勝。学生日本一の称 …

学生団体をサークルと同じように『世の中の当たり前』を浸透させたい -No.240- 学生団体SPIC代表 成田理

  今回のインタビューは現在「学生団体のための学生団体」というコンセプトで活動を行っており学生団体SPICで代表をなさっている成田理さんにお話を伺いました。インタビューは、SPIC主催のコンテストが迫ってきている忙しい時 …

誰もが入りやすく、居心地のいい指圧院をつくりたい -No.239- 根岸 輝

  「誰もが入りやすく、居心地のいい指圧院をつくりたい」   そんな想いを胸に唯一無二の指圧師を目指す若者がいる。 根岸輝(ねぎしあきら)さん、25歳。   その強い指圧で肩揉みには昔から定評があった。 そんな …

ぼくは水族館に夢をもらいました。 -No.237- 大阪動植物海洋専門学校2年 安田祐太

まちのくまちゃんあるひ まちのなかくまちゃんを よびだしたひさしぶりだけどやっぱり かお こわい♪ 彼と出逢ったのは去年の春。同じ学生団体に所属していた。専門学生で1年生から精力的にインターンシップに参加し、忙しい中、自 …

夢は国立に根付いた、山口県の居酒屋さん -No.236- 居酒屋ぶちえらい 藤村典史さん

    国立駅から徒歩1分の距離にある“居酒屋ぶちえらい” お店に繋がる階段を上ると真っ赤な提灯がお客さんをお出迎えしてくれます。   国立にOPENしてまだ1年。 今回はその店長・藤村さんにインタビューをさせ …

ひっかけ橋のサンタクロース -No.235- Happy☆Deliverys代表 幸せ配達人 谷川賢志(2013年8月3日 )

  大阪市中央区の道頓堀川にかかる心斎橋筋にある戎橋通称『ひっかけ橋』   大阪、ミナミの中心に位置するこの橋の上で経済的に恵まれない子供の幸せのために“幸せのサンタ募金”を行う サンタクロース、谷川賢志がいる  仮面ラ …

『なにこれ!?』で生まれる、新しいコミュニケーション。 -No.234- 『Fochaca』映像ディレクター &デザイナー『Granewton』発起人 重光あさみ

  「鴨川デルタに、巨大なショートケーキあったんやけど!」 ネットを騒がす一大事がここ、京都の出町柳で起こった。   『鴨川デルタ』と呼ばれる三角州はいつも散歩やランチをする人で賑わっている。  その三角州の上に巨大な三 …

身近な人たちと共感できる、幸せなコミュニティを作っていきたい。 -No.233- 京都産業大学経営学部2年生 津田俊介

  「僕、京都産業大学の景色を変えたいんです。」   イベントで出会った時、彼は強い想いを語ってくれた。 いわゆる意識高い学生というのは 外に外にと出ていくイメージの中で 彼はなんだか違う気がした。   とはいえさまざま …

10年後、日本企業を、そして世界をリードできる人材を輩出する -No.232- ミテモ株式会社代表取締役 澤田哲也

      今回のインタビュイーは、ミテモ株式会社代表取締役の澤田哲也さん。   『ミテモ』って何??と思われた方、 ゆるキャラの名前ではありませんよ(笑)。     ミテモでは研修、通信教育、eラー …

食を通して、”生きてて良かった”に変わる世界へ。 -No.231- 神戸大学経済学部4年 小西真由

  現役女子大生で起業家、 特筆すべきはそのアイディアの独創性。 料理教室に農業に書道に小物作り… 女子の「好き」をぎゅっと凝縮した主催イベントは 評判も人気も満足度も高い。   さすがの女子力!?かわいくって …

あなたと建築したい。 -No.230- 神戸大学工学部建築学科3年 吉備友理恵

    『あなたと建築したい』このフレーズを掲げて活動している、建築女子大生がいる 。   吉備友理恵、通称きびちゃん  この日は設計課題の提出日だったらしく徹夜明けの疲労困憊でインタビュー……大丈夫か?    …

知ってもらう、来てもらう。そのためのツールになれば。 -No.229- 第一印刷株式会社キャラクター事業部 バリィさんスタッフ

  「バリィさん」と聞いてすぐには思い浮かばない人も、この姿を見ればピンとくるのではないだろうか。 タオル名産の地・愛媛県今治市のご当地ゆるキャラであり、昨年のゆるキャラグランプリ2012では見事優勝したバリィ …

『美味しい』がみたい!-No228- 早稲田大学政治経済学部3年 平井幸奈

                      「いらっしゃいませ~!」  お店に入ってすぐに彼女はとびっきりの笑顔で出迎えてくれた。 学生初のフレンチトースト専門店~The Foru Café~店内はとってもいい匂いだった …

ボランティアにとっても再発見の場でありたい -No.226~227- 社団法人奈良親子レスパイトハウス 富和清隆さん、川口雅嗣さん (2013年7月17日)

医療の発達により多くの命が救われるようになった一方で、介護者の負担は増え、介護中心の生活を強いられることになってしまうことも多い。 家族としての時間 一人の人としての時間 レスパイトハウスは、介護から離れ、こういった時間 …

若者の力を未来国会から発信したい -No.225- 未来国会2013代表 山元富士丸さん

    今回のインタビューは、現在慶應義塾大学法学部3年生で、日本初の若者のための国家デザインコンテストを運営しており、未来国会2013の代表である山元富士丸さんにお話を伺いました。 第一印象も落ち着いた感じで、その経歴 …

“幸せ”は、定義するものではなくて、考え続けるものだと思うんです。 -No.224- 大阪大学3年 黒田篤槻

  Twitterで見かけたある男の子顔中泥だらけで、笑顔のアイコンが印象的だった 『インドはムンバイのスラムで音楽・ダンス教育のお手伝い』きっとボランティアなのだろう、だけどなんだか新しい 一風変わった支援に関わる彼は …

社長の翼になります。 -No.223- 社会保険労務士 礒田翼(2013年7月15日)

 社会保険労務士 「簡単に言うとね……会社が人を雇うといろんな業務や問題が発生するの。社会保険の手続きやお給料の計算、そういう『人を雇うことによって発生する業務』をすることが私たち社労士の仕事。もちろん書類仕事や法律にか …

社会と患者のクッションを目指して -No.222- Tくるー代表 田中伶奈さん(2013年7月15日) 

    「患者が主体的に行動して社会に復帰する」 社会と患者との間に入るクッションような存在を目指して。   現在立命館大学の二年生で、『Tくるー』の代表でもある田中伶奈さん。主に京都を拠点として活動しており、 …

若者だからこそ、リスクを選んでも突き進みたい。 -No.219- 復興促進団体Investor大阪支部代表 大前拓也さん(2013年7月14日)

  とあるボランティア団体の集まるパーティで ひときわ大きな荷物を背負った男の子が現れた。  大荷物の理由を聞かれると 「今から東北行ってくんねん!」 屈託の無い笑顔で、そう答えた。   嵐のように去っていった彼と、まさ …

早稲田の笑顔の中心でありたい。-No.213~218-  早稲田大学バンザイ同盟(2013年6月10日)

               早稲田大学にこんなサークルがある。     「活動内容:バンザイをする」     「早稲田大学バンザイ同盟」   約40年の歴史を誇る有名サークルだ。   バンザイの種類は768種 …

大人は甘くはなかった、だからどんどんカタチにした。-No.212- 同志社女子大学現代社会学部4年 小林 桃子さん(2013年6月8日)

  「やりたいことは人に言うし、書きます。」   桃子さんは例えて言うなら“マトリョーシカ” みたいな人だ。   等身大の中を開けて覗いてみれば 様々な経験をした桃子さんが次から次へと現れる。 その1人1人が何 …

人と触れ合うためのツールとして、カメラと生きていきたい。-No.211- 関西学院大学5年 太田 雄喜さん(2013年6月5日)

    ある日私は、Twitterで2000超フォロワーの居る大学生にフォローされた。どうやら、とにかく顔が広い人らしい。 「人を魅せられるものを作りたい」 元体育会所属、元プログラマー、現カメラマン 一見共通点のない謎 …

「私だからできる世界の繋げ方」 -No.210- 一橋大学社会学部社会学科4年 サラ・ラシカ さん(2013年6月5日)

  今回のインタビューは一橋大学に通うマレーシアからの留学生、サラ・ラシカさん   日本とマレーシアを何度も行き来し、人望の厚さに加えて、 日本語、英語、マレー語、アラビア語が話せる多才な彼女の素顔に迫った。 (文…小澤 …

「マレーシアと日本で貢献したい」 -No.210- 一橋大学社会学部社会学科4年 サラ・ラシカ さん(2013年6月5日)

    今回のインタビューはマレーシアからの留学生で、現在一橋大学4年生のサララシカさん。 ラシカさんが日本に来て、日本とマレーシアで感じた経験、これから取り組みたいことについてお伺いしました。 (文:木村優志)   ★ …

「緊張しないでしょ、わたしとしゃべって」 -No.210- 一橋大学社会学部社会学科4年 サラ・ラシカ さん(2013年6月5日)

    正門をくぐり抜けゆるい左カーブを進むと、暖かい西日を全身に浴びた。 一橋大学国立(くにたち)キャンパス。 待ち合わせ場所の小さな池の周りには、友人と談笑する学生、読書を楽しむ人、無邪気に遊びまわる子供たちなど思い …

考え続けて求める先に、『世界平和』があった。-No.209- 同志社大学政策学部4年 松尾 素直さん(2013年6月3日)

    松尾素直さんこと、通称『ばっち』 『未来の社会のあるべき姿を考える』という理念のもと、 自然と人の共生を軸に持続的な啓発を行う MIRAI EXPO(https://www.facebook.com/miraie …

日本生まれの社会貢献運動を、大学生のカタチで。-No.208- 京都大学経済学部3年 西尾 勇輝さん(2013年5月31日)

    皆さんはTFTをご存知だろうか?TFT はTable For Twoの略であり、直訳すると『二人の食卓』。これは、先進国の人々と途上国の子どもたちが、時間や場所を越えて食を共にする、と いうことを意味している。ヘ …

人として、医者として、最高を目指す大学生 -No.207- 大阪大学医学部2年 寺本 将行さん(2013年5月31日)

  彼に会って話をすれば、きっとあなたもその思いの厚みに圧倒される。 朗らかな笑顔に秘められた熱意、 たゆまぬ努力に裏付けされた覚悟… 頭がいい、だけじゃない。 激アツ医学生・寺本将行の「本気」を届けます。 & …

誰もが、自らのこころの健康を整えることの出来る社会へ-No.205-  NPO法人 LightRing 事業推進部 田辺 泰子さん(2013年5月28日)

  <NPO法人LightRingとは?>  「誰もが、自らのこころの健康を整えることの出来る社会へ」をモットーに、こころの病予防を推進する団体。主な活動として、毎週水曜にカフェで悩みを抱える人々をケアする「聴くトモプロ …

意識が低いのではなくただ知らないだけだから、伝えたい。-No.204-  立命館大学経済学部5年 橋口 裕貴さん(2013年5月25日)

    ガクセイ基地― 2011 年10月末に東京で発足した学生向け情報発信団体。WEBサイトを通して『学生』という枠を超えた広い世界で学ぶ大切さを伝え、またその環境を提供してい る。具体的な活動は企業、団体、個人への取 …

良いこと悪いことの判断を、そして英語の教育を。-No.203-  関西外国語大学英語キャリア学科 坂東 愼康さん(2013年5月14日)

    大学生の中で教員を目指している学生はたくさんいる。 そのなかで一体どれくらいの学生が『教育』について多くの時間を費やし、常に熱意を持って向き合っているのか。  彼は現在、中学校の英語教員を目指して日々の …

病気でなくても行きたくなる、行ったら帰りたくなくなる病院を。-No.202-  マジカルワンダーランドホスピタル代表 坂元 恵里(2013年5月11日)

    「私、子供の頃から病院が嫌だったんですよね。」 そう語ってくれたのは坂元恵里さん。 彼女の目指す病院とは? 病気でなくても行きたくなる病院 行ったら帰りたくなくなる病院 病院から、楽院へ。 単なる病院ではなく 家 …

貧しい=かわいそう?「100%幸せだよ。」-No.201-  happiness is… 代表 上田 未知さん(2013年5月9日)

   Who is 上田 未知? 専門学校を卒業して「happiness is…」を設立。 彼女はフィリピンへの支援を行いながら、日本とフィリピンを繋ぐ活動を行っている。 “日本の人たちが幸せについて考えるき …

薬剤師の可能性を、『おもろい』視点からアプローチする。-No.200-  大阪薬科大学 小路 晃平さん(2013年5月7日)

  「理系の学生は、あんまり発信しようとしないんです。」 そう聞いて、『伝えたい』と思った 日本薬学生連盟公衆衛生委員長を務め 薬学生の世界的な会議にも出席するなど とても『まじめそう』な小路さん   しかしその正体は …

カテゴリー

  • facebook
  • twitter

カテゴリー

Copyright © tsunagalien2014 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.