飯岡さんn 

 

No.64

Salon&Spa Lien

代表 飯岡暁さん

 

HP:http://www.lien-lien.com/

 

 

 

Salon&Spa「Lien」!!

 

10月上旬、このサイト【繋がリアン】を運営する学生団体Lienと同じ名前の美容院をネットでたまたま発見!!

 

サロン・美容院がひしめく表参道にお店を構えHPも可愛らしくなんとも華やかなイメージ♪

 

代表を務める飯岡暁さんに美容師を志した理由から美しい髪作りの秘訣まで様々な疑問にお答えして頂きました。

 

 

★女性にモテる職業?

 

Lien:まず店名「Lien」の由来を教えて頂けますか?

 

飯岡:名前を決めるにあたって「絆」関連の響きのいいものを探していたらたまたまフランス語に行き当りました。そうして「縁」や「繋がり」を意味するLienを選びました。

 

Lien:おお、僕たちと全く同じです(共感)!!飯岡さんの学生時代・美容師の道を選ばれた経緯について教えてください!

 

飯岡:高校の時はテニス部に入っていました。入部した理由は恥ずかしいんですが、可愛い先輩がいたから(笑)。テニスって華やかだし女の子が多いからなんかモテそうじゃないですか。

 

その延長で女性にモテる職業は何か考えたら美容師に行き着ました。たぶん美容師をやっている男性の8~9割がそういう不純な動機ですよ(笑)。

 

Lien:(笑)。モテる職業でしたら他にもDJとかライフセーバーとか色々あると思うのですが何故飯岡さんは美容師を選ばれたのですか?

 

飯岡:ファッションが好きだったからです。雑誌とかも読んでいましたしね。千葉県出身だったのでとりあえず東京に出て美容師をやろうと思いました。

 

CIMG1156 

(Lienイチ押しのシャンプー&トリートメント”john masters organics”。ニューヨーク発のオーガニックブランドで石油化学物質、合成着色料、合成香料を使わないナチュラルプロダクツ。さっぱりとした使用感でアロマの香りが気持ちいい。)

 

★17時に○○をとる時も…

  

Lien:美容師の飯岡さんの1日はどんな感じですか?

 

飯岡:11時から営業を開始するので9時半くらいから準備やカットの練習をします。営業開始後はいらっしゃったお客様のカットやカラーをしたりするのはもちろん、予約状況のアップデートやブログの更新、掃除などを随時しています。お昼は空いた時間にとるので15:00~17:00頃になることが多いです。

 

Lien:かなり遅めのお昼になりますね。

 

飯岡:だいぶ遅めだなと感じられるかもしれませんが、始まりが遅いのでそこまでおなかは空きません。スタッフで交代しながら食べています。21時頃に閉店した後片付けをして22~23時に帰ります。

 

CIMG1148 

(朝の練習の様子)

 

★「ありがとう」という言葉

 

Lien:Salon&Spa Lienのこだわりは?

 

飯岡:美しい髪で自由なデザインを楽しめるようなヘアケアに力を入れています。ヘアスタイルと髪って料理と野菜の関係に似てると思うんです、美味しい野菜はどんな料理にしてもその料理は美味しくなりますよね。髪型・カラーもまずよい髪の状態があってより良い髪型やカラーが楽しめると思うんです。

 

Lien:飯岡さんも髪きれいですもんね!

 

飯岡:そういうのを理念として掲げているのでもっとも、自分たちが髪パサパサでは説得力が無さすぎですからね(笑)。あとは居心地のいい空間作りにこだわっています。

 

Lien:日差しがいい感じに差し込んで明るくて気持ちいいですよね。美容師としてのやりがいはどこに感じますか?

 

飯岡:お客さんの喜んでいる姿が目の前で分かること。「ありがとう」、この一言が本当に嬉しいですし、一人でも多くのお客さんにそう言って頂けるようにスタッフ一同頑張っています。

 

Lien:直接感謝の言葉を受けるっていいですね…!!職業病とかってありますか?

 

飯岡:先ほど申し上げましたようにお昼を食べる時間があまりないので食事を食べるのが速くなりますね!女性スタッフも、同世代の他の人よりかなり食べる速度が速いみたいです。

 

髪の面では、きれいな髪であったりカラーをしている方は自然と目で追いかけちゃいますね。どうなってんだろ~って感じで(笑)。しばらく見入っちゃうことはありますね。あとはモデルハントとかもするので、可愛い子をずっと見てしまうことはありますね。それも職業病になるのかな?(笑)

 

Lien:元からでは…??(笑)

 

飯岡:それは個人の本能というか…(笑)

 

★美髪のスペシャリストが教える明日からでも出来る美しい髪作り

 

Lien:美しい髪を保つための秘訣はありますか?

 

飯岡:疲れが溜まるとよくないですね。肌のようにはすぐ現れないのですが、疲れると頭皮が荒れるんです。頭皮が荒れて毛根が弱くなるとぺしゃんとした感じのくせが出たり、パサパサになってしまいます。頭皮がカチカチになったりしたら要注意。そんなときは、皮膚と頭蓋骨をズラす感じで上に引き上げるようにマッサージしてみてください。血行が良くなって栄養が行きやすくなりますよ。 

 

あとは、シャンプーやトリートメントなど毎日使う物の成分に気をつけてみるとよいでしょう。成分のよいトリートメントを使って、付けた後おく時間を長くするだけでも十分効果があります。

 

他には帽子やニット帽、ウィッグも脂が溜まりやすいので必要な時以外は使わないほうが髪にいいですね。

 

 

 CIMG1405

(美髪のためには身体、心、美この三身一体が重要だと考えるLien。”Lien Journal”という女性スタッフが手作りで作る冊子には家でも出来るヘアケア方法から美肌習慣、スタッフお勧めの映画、表参道おすすめのグルメ・ショップも紹介されている。)

 

★学生に求めるのは色々やってみる姿勢

 

Lien:最後に読者の大半を占める学生の方にメッセージをお願いできますか?

 

飯岡:若いうちは色々髪で楽しんでください。人生と同じですよ(笑)。色々やってみた結果、自分に一番似合うものが見つかるはずです!

 

もちろん髪と頭皮を大事にしながらね!(笑)

  

 CIMG1155

 

集合写真を撮った時のスタッフ皆さんの笑顔がとても素敵で印象的でした。

 

スタッフの皆さんが笑顔だからお客さんも自然と笑顔に。

 

Lienで綺麗になったお客さんの笑顔は、スタッフの方をますます笑顔にし、そして周りの方も笑顔に…とすごく素敵な循環がLienから生まれているんだろうなと思います。

 

 

笑顔が作る「繋がり」の大切さを改めて教えて頂きました、ありがとうございました。

 

 

 

【取材・作成…長瀬晴信】

  

~おまけ~

 

長瀬が気になっていたことを飯岡さんに教えてもらいました!

 

①マネキンの値段

 

昔は頭と髪の毛がついて2000円くらいだったのですが、今は3000~5000円くらいですね。中国の奥地の人の髪を伸ばして作った人毛のものも出回っています(!!)。長い髪のものだと20000円近くするマネキンもあります。

 

②切り抜き、おまかせどっちがいい?

 

切り抜きがあったほうが僕はやりやすいです。顔型が少し違くてもお客さんにその切り抜・きの好きな部分を聞いてデザインの中に取り入れることで満足してもらえるようにしています。

 

③今期の流行のスタイル

 

これっていうのは今の時代はないんですが、ある程度ファッションの流れに付随すると思います。女性だとクラシカル・シックな感じで、「ちょっとここにパーマがあったほうがいいんじゃないか」という提案はさせてもらってます。

 

お客さんも「自分に合ったものを」と提案して下さることが多いので、そのなかで流行のスタイルをちょっと取り入れるような感じですね。