IMG_0727

「投げ出せることなどやめてしまえ―学生起業家の哲学―」

株式会社FAMILY・東洋大学3年坂本大地

今回のインタビューは、大学生という一面と、ブライダル事業を展開する株式会社FAMILYの取締役社長という一面をもつ坂本大地さん。

 

「これまでの度重なる試練が、『自分を応援してくれる人への感謝を形にし、一人でも多くの人の笑顔をつくる』という今の夢につながっています」

 

彼はブライダル業界を志した理由を「夢」という言葉を使い、こう語る。しかし、単なる夢想家などではない。身近な者の度重なる死という悲愴な原体験、そしてそれに支えられた強烈な覚悟が彼を「夢」へと駆り立てている。

 

どのような視座で、何を見据えているのだろうか。彼の素顔に迫っていきたい。

 

自分が生きている理由

IMG_3852

生まれは茨城県です。父は自営業で建設会社や託児所を経営しており、母は専業主婦をしていました。また、姉が1人います。両親の教育は質朴で、勉強を強制させられることはなく、正直で芯の強い人になりなさいと言われてきました。

 

小学生のときに野球を始め、中学ではクラブチームに所属して真剣に野球をしていました。しかしその傍ら、ヤンチャを繰り返すガキ大将でもありました。

 

中学生のときに素行が悪く、周囲や母親に多大な迷惑をかけ、父に叱られて初めて聞いたのですが、母は僕を産む前に2人流産していたそうです。そのとき、母がどれほど辛い思いで自分を産んでくれたのかを考えさせられました。また、両親は子供は2人で十分と考えていたそうなので、産声をあげることすら叶わなかった2人の兄弟が自分を生かしてくれているような感覚を抱きました。母が自分にかけている強い思い、そして先立った2人の兄弟の死を背負って生きていこうと思いました。

 

身近な人々の死、母の言葉

幼なじみで父の経営する託児所で仲良くなった友人がいたのですが、その友人がある日、交通事故で亡くなりました。友人の死を受け入れることも、まして克服することもそのときはできませんでした。せめて一緒に野球を頑張ろうと話していたその子の分まで一層真剣にやろうと決意しました。その決意の甲斐あり、幼少期から憧れていた地方の強豪校から野球特待のお話しをいただき、進学を決めておりました。

 

そんな折、父が急に倒れてしまったのです。すぐに病院に連れていったところ、特に問題は見つからないと診断されいったん帰宅しました。しかし翌日、父の容体が急変し、救急搬送されるもその翌日には亡くなってしまいました。

 

肉親が亡くなったこと、家庭の経済状況が一変したこと、しばらくはどれも整理がつきませんでした。また、姉が交通事故で生死を彷徨ったことも近い時期に重なり、大切なものがすべて失われていくのではないかと恐れたこともありました。しかし、父の生前の指示どおりに自分が葬儀の喪主をやり、父と関係のあった方々と接するなかで、「強く生きねば」という意志が芽生えました。

 

父の死後、それまで主婦だった母が遅くまで働くようになりました。その姿を見るうち、自分は高校で野球に打ち込んでいてよいのだろうかと悩むようになり、とうとう特待を断念することを決めました。

 

そのことを母に伝えると、母は珍しく強い口調でこう言いました。

「親のせいで子供が夢をあきらめることが、親にとってどれだけ辛いことか分かるか?大地は自分の夢を追いかけ続けなさい。」

 

母だって僕が家計の足しになってくれた方が楽なことぐらい百も承知です。それでも僕の夢を後押ししてくれる母の言葉の裏にある、自分の身体や苦労より僕の夢を一番に大切にしてくれているという事実をうけて考え直し、母への「感謝を形にする」ために野球を真剣にやることを決めました。中学の卒業式の翌日に東日本大震災が起き、身近な人のなかにも亡くなった方や被災された方がいましたが、この決意は揺らぎませんでした。

 

進学先は変わりましたが、ご縁があった埼玉の強豪校に進学することを決めました。

 

叶わなかった夢

強い覚悟をもって強豪校に入ったわけですが、一年生のときに大ケガをし、手術も経験しました。そのケガが治り練習を再開したあともまた大ケガに見舞われてしまいました。夢だった甲子園出場も叶いませんでした。それでも最後まで野球を投げ出さなかったのは、先立った兄弟や友人、父、応援してくれる母や友達、そういった人たちへの感謝があり、夢の先でその人たちと笑い合えると信じていたからでした。母には苦労をかけてごめん、もっといい夢を見せたかったと感じていたのですが、母はいつも笑顔でありがとうと言ってくれるので、僕もありがとうを返し続けていこうと決めました。それから、三年間の寮生活を通して学んだことも本当に大きかったです。

 

このときも家庭の心配はありましたが、母の言葉を思い出して大学進学を決め、AO入試で東洋大学に進学しました。

 

目的を見失った生活と鋭い着眼点

地元は大学に進学する人が少なかったので、大学に行って勉強すること自体がなにやらすごいことのような感じで、憧れをもって東京に来ました。しかし、現実の大学生は目的のない生活を送っている人が多いように感じ、大学が学業の場として機能していないのが実情でした。また、高校卒業後は親から金銭的に自立すると決めていたので、学費や生活費を稼ぐためにバイト漬の生活が始まり、大学の授業の優先順位も落ちていきました。

 

そんななか、バイト漬の生活でいろいろな業界を経験するうちに、企業は誰が見ているか分からない求人サイトに高い掲載料を払い、学生はどんな職場環境かも分からないバイト先を必死に探していることに気づきました。そこで、企業と学生の間に信頼のおける仲介者がいると良いのではないかと考え、バイト漬の生活で培われたつながりを活かし、口利き業を始めました。ここで、同世代の仲間を束ねてマッチング事業と人生の分岐になる商品を扱う代理店のDream Entranceを立ち上げました。そのビジネスが軌道にのったことで収入も安定してバイト漬の日々から抜けだせ、次第に自分が本当にやりたいことは何かを見つめなおすようになりました。

 

両親の結婚式の写真に気づかされたこと

帰省するといつも父の仏壇に手を合わせるのですが、そのとき仏前に何気なく置かれた両親の結婚式の写真が目に入りました。そのとき初めて、母と死んだ父の間に確かにあった幸せの時間、そしてその幸せの象徴が結婚式だったのだと考えさせられ、胸が熱くなりました。「幸せを創造する新しいサービスを通して一人でも多くの人の笑顔をつくる」という自分の夢とブライダル業界がつながった瞬間でした。また、人生で唯一主体的に行う式、この瞬間の演出を仕事としている人がいることも大きな魅力でした。

 

その後、ブライダル業界について調べていくと、業界の厳しい現状を知りました。結婚式を挙げる人の減少、ゼクシィ頼みの窓口、大手企業でも96%という高い離職率、式場の寡占化などなど、問題を挙げればきりがありません。ブライダル業界に踏み込むことに否定的な助言をいただいたこともあります。しかしそのような業界の惨状を知ったからこそ、なおさらそれをどうにかしなければと思いました。

 

現在の事業へ―感謝を形にする結婚式―

IMG_3855

ブライダル業界の先輩と共に株式会社FAMILYを立ち上げました。わたしたちは、結婚式を家族の愛のいりぐち、そしてゲストや家族への感謝の表現として位置づけています。

 

現在、自分は3つの業務を展開しております。1つ目はmarriage designというものです。これは、結婚式に疎い新郎新婦さんたちに多様な結婚式のあり方を知っていただき、一生に一度の価値ある式をつくるお手伝いをさせていただいております。具体的には、どんぶり勘定や式場の言い値で費用を決めてしまうことがないように、予算や希望に沿った完全オーダーメイドプランを提案させていただいております。結婚の総合窓口といった形でトータルサポートを行っております。

IMG_3854

2つ目はstay plusというものです。これは、都市部ではなく地方で式を挙げ、ゲストの方々に地方の魅力や美しい風景を楽しんでもらおうというものです。具体的にはバスで式場まで行き、新郎新婦のメイクや衣装直しの合間に文化体験や散策を行っていただき、地域とのつながりの構築やゲスト同士の交流を行っていただきます。式がホストだけでなく、ゲストにとっても価値のあるものとなればと思っております。

 

3つ目は、結婚式を含めていろいろな場面で使っていただけるオーダーメイドスーツを中心としたアパレルブランドを展開しております。自分と同い年くらいのインターン生と事業を考えるのは刺激的ですね。

 

どれも本質的なサービスというところにこだわっています。仕事となれば年齢は関係ありませんから、プロらしく自分たちにしか創れない価値を提供していきたいと思っています。

 

読者へのメッセージ

良い意味で殻を破り、踏み出していっていいと思います。若いうちの失敗は経験になります。過去の事実は変わらなくても、その意味は捉え方次第ですから。よく、大学とビジネスを掛け持ちするなんて大変だね、だとか、学生のうちにもっと遊びなよ、と言われることもあります。しかし、大事なのは自分がやると決めたことをやり遂げること、そしてその覚悟だと思います。敢えて強い言葉を使えば、「投げ出せることなど今すぐやめてしまえ」と言いたいです。

 

人生はうまくいかないことのほうが多いですが、なにが正解か考えるのではなく自分の信じた道を正解にする生き方をしてほしいです。死に方や死ぬ時は選べませんから、生き方はこだわっていきたいです。

 

 

彼と会い、そして別れるまで

私はその覚悟に魅せられていたように感じる。

 

彼をしてこれほどの覚悟を決めさせたもの

それは彼の特異な死生観なのかもしれない。

 

しかし、我々がそこから学ぶものは多い。

 

道に迷うことがあれば

支えてくれる人の顔を思い出し

感謝を覚悟に変えよう。

 

「お調子者がずっと羨ましかったんです」

照れくさそうにレンズを窺う彼の顔が

そう語っているように思える。

 

(文…清野雄貴)