田畑昇人さん(25)

2014年6月9日(月)に放映されたTV番組「人生が変わる1分間の深イイ話」(日テレ系)の番組内で、FXで50万円から取引をスタートし、9ヶ月で1,000万円を稼ぎ出したと取り上げられた。「ギャル男東大生」といったらこの人。

※FX…円やドルなど「通貨の売買」をおこない利益を得る取引のこと。

 

田畑昇人ブログ

http://shototabata.com

 

 
 

 

Youtube【深いい話】東大ギャル男-FX-

https://www.youtube.com/watch?v=gqL3oUGh-Ig

 

 

Who are you?

田畑さんってどんな人?

えっ笑

僕ですか?笑

東大の院生です。 あとは主に資産運用しているかなー笑

 

 

~学生という肩書について~

僕って学生という肩書きに決して甘んじているのではないんですよ。

けれども、「26歳で年収1000万」より「学生なのに1000万」のほうが受けがいい。こんな人が投資家なのか!とのほうが受けるんだよね。世間的に。なぜ、周りを気にするかって?

だって、周りが認めてくれないと自分もうれしくないジャン。笑

これって、ギャル男風なビジュアルも関係してる。

 

 

Lien:なんでそんな考えが大人なのですか?笑

きっかけ?なんだろう。周りの環境かな? 

自分では珍しくないんだよね。周りに同じ考えの人がいっぱいいるから。

 

 

 

~成功者って何?~

熱量ってコンプレックスの塊だと思うんだ。

成功するには、ベクトルの2つの要素がかかわってくると思う。

 

一つは、矢印の大きさ。

成功する人間って必ずコンプレックスを抱えている。そのコンプレックスの塊がベクトルの大きさに比例するかと。例えば、家が貧乏だったり、いじめられた過去を持ったり。

 

二つ目は、矢印の向き。

社会的に正しい方向へと向いているかが大切。

家が貧乏だからといって、将来起業したりして見返すならいいけど大怪盗ルパンになって高級品を盗みまくってやるじゃダメ。

こう考えると成功者って、たまたま向きが良かっただけで、案外社会不適合者かも笑

 

満たされている人つまりコンプレックスない人って、頑張る目標がないはずなんだよね。 だって既にあるから。第一志望の企業に内定もらっている人が就活もっと頑張ろうとは思わないでしょ?笑

 

最初から成功する人はいない。

僕も、成功より失敗の数が多い。 

成功の反対は失敗ではない。

 

~環境と仲間~

環境ってものすごく大事。

だって人を変えてしまうから。

 

だからこそ、環境を意識したほうがいい。

「友」と「仲間」の違いは同じ方向を向いているかどうか。

「友」は一緒にいて楽しいが、「仲間」は「友」より自分のためになる。

 

大学生になったら環境なんて自分でいくらでも変えられるんだよね。

努力すれば。

 

本当に重要な人だけ「仲間」として付き合っていたら、大多数の人と付き合うことはできないはずと僕は思うんだけどね。

 

 

 Lien:テレビに取り上げられてから、反響ってありました?クレームとか来ましたよね

もちろん来たよ。笑

 

でも、愚痴や陰口を言い続けても、意味がないし成長しない。

ましてや、誰も得しない。

 

選択したのは自分じゃん。

責任は自分。失敗するのは自分のせい。

何事も、人のせいにしたってなにもない。

 

幸せになる人って自分に主軸を置いていると思うんだ。

他の人のためにとか、人の目ばっかり気にしていたら、幸せは訪れないと思う。

気にすることは、良いこと。だけど自分自身も気に掛けなくちゃ。

他人に幸せを与えたいのなら、自分が幸せになってなくちゃなおさらだよね。

きちんと選択していきたい。

 

 

~なぜ学生を対象に金融教育をしようと思ったのか~

高校時に自分が一番知りたかったのが金融について。

だって、世の中の根本的なルールはお金だよね?

なぜそんな大事なものを教えないのか、よく考えたら本当意味がわからなくない?笑

これからの時代は、「英語・IT・ファイナンス」と言われている。

その中でも、一番重要なのはファイナンスだと思う。

社会のルールだから。

 

一番不幸だと思うのが、お金がないこと。

行動も選択肢も制限されて何もできなくなる。

打席に立てなかったらヒットは出ないジャン?

  

 

Lien:大学ってどんな場所か説いてもらいたいです。

変な質問するね。笑

大学って、場所っていうより時間、そう四年間という時間かな。

 

その時間の中で、

いかに自分の勝てる分野を見つけられるか。

いかに肩書を気にせずに利害関係のない仲間を作るか

いかにいろんなチャレンジをするか

一番時間を自分に使える可能性がある時間って大学生の間なんだよね。

 

大学生は、自分で勉強しろ笑

せめて身の回りの危険から自分を守る力はつけておくべき。

例えば、生命保険やローンの組み方とかさ。

何回も言うけど、世の中のルールはお金。

「誰かが教えてくれなーい」じゃなく、自分で勉強するところはきちんとすべき。

生きていくために。

 

 

 

彼は東大生っぽいといえばそう。

東大生っぽくないといえばそうかもしれない。

一つ言えるのは、成功するためにはまず「打席に立つ」ことなのか…

私も記事を書くのをここまでにして、金融について勉強してこようと思う。

筆者:板垣そうし