295186_109731932462177_3515792_n 

 

No.46

 

 

 

名前:新田達也

 

大学:大阪市立大学法学部4年

 

twitter:@nittatsuya (個人)、@gakusei_drepla (団体)

 

 

 

 

誰もが一度は自分の「夢」を他人に伝えたことがあると思う。

 

だが、それが1000人の相手に対してだったらどうなるのだろう。

 

『学生が夢を語り、その夢の実現に向けて挑戦していける社会を創る』という理念のもと、

 

9月11日、約1000名収容の大阪市中央公会堂にて全国で初めて学生ドリームプラン・プレゼンテーション (通称:ドリプラ)が開かれた。

 

選び抜かれた6人の大学生による10分間の感動と共感の体感型プレゼンテーションと

 

本気の学生によるプレミアムショー。

 

  

このイベントを最初は1人で立ち上げたのが実行委員長、新田達也さん。

 

今回は「学生ドリプラの新田」がどのような経緯でこのイベントを創ったのか、

 

そしてその見据える先に在るものは何なのかに迫った。

 

 

★開催趣旨を教えてください。

 

開催趣旨としましては、日々の活動のなかで、夢や目標を持ち、行動する学生がいる。

 

だが一方で、たとえ夢や目標を持ったとしても、あきらめてしまったり、何か想いは持ちながらも行動できない学生が多いという現状があるのではないかと思うんです。

 

こんな現状をなんとかしたい!

 

「お金も、人脈も、チカラもない学生だから・・・」と弱気に夢を語り、挑戦することをあきらめてほしくない!という想いを形にしたのが学生ドリプラです。

 

だからこそ私たちは、学生ドリプラを通して、本気で夢を語り、挑戦し、輝く同世代のプレゼンターの想いや生き様に触れ、一人ひとりが自分の持つ可能性に気づき、自分の想いを実現していく。

 

そんな一歩踏み出すきっかけを提供することを目的としています。

 

 

t02200147_0800053311503371689 

 

★新田さんが学生ドリプラを開催しようと思った経緯は?

 

僕自身は、一回生の頃から「若者の意識の喚起」を目的とする学生団体星燎会を経ち上げ、活動してきて、様々なイベントを開催してきました。

その後、大阪から日本を元気にしようと、学生団体BIGUP大阪を立ち上げました。

 

そこでのイベントで、大阪ドリプラを主催されているNPO法人大阪維新会の方々と出会って、ドリプラというものを知りました。

大人が本気でボロボロ涙を流しながら夢を語る姿に、とても感動したのと同時に、いつかこんな大人になりたい!関わっていきたい!と思って、それから大阪ドリプラの運営に関わるようになって、全国各地で開催されているドリプラを観覧しにいきました!

 

そこでわかったのが、ドリプラには学生がほとんど関わっていない。

 

むしろ、ドリプラをしらないということでした。

 

アツい想いや志、夢持った大学生はいっぱいいるのに、それを伝えていける場が全然ないんです。

だから夢を語り、伝えていける場を提供したいと思って学生ドリプラを開催することを決意し、最初は僕1人でしたが、活動を始めました。

 

★プレゼンだけではなくて、ハモネプ13に出場したアカペラサークルの方などもお呼びしたのには何か目的が?

 

本気でやりたいことに挑戦している学生はいろいろいてると思うんですよ。

大学生卒業したら企業に就職するなんてのはあくまで人生の選択肢のひとつやと僕は思ってて、自分がやりたいことをいかに志事(しごと)としてやるのかを考えてほしかったんです。

 

そのために様々なジャンルで活躍パフォーマーを呼びました。

 

 t02200165_0800060011425399016

 

(神戸大学アカペラサークルGhannaGhanna所属のグラコロン)

 

★当日の様子を聞かせてください。

 

そうですね、プレゼンターもこれまでの人生やこれからの夢を本気で語るので思わず涙してしまったり、それを聞いている観覧者も感動で涙を流していました。

ドリプラにはメンターカードというものがあって、プレゼンターに対する応援メッセージや自分が支援できることを書いて渡すのですが、

 

休憩時間にロビーに来ていたプレゼンターの前に行列ができて、休憩時間を延長せざるを得ないほどの人だかりでした!

それを見たときは、僕のビジョンである「すべての人が夢を語る相互支援型の社会を創る」ことが当日の会場内の空間だけでもできたんじゃないかと思って、

 

ほんとうにこのイベント開催して良かったなって思えました!

 

IMG_1419

 

 

★準備の過程で工夫してきたことは?

 

ドリプラの主役はあくまでもプレゼンターなんです。

よくビジネスコンテストと勘違いされるんですが、全然違うんですよ。

 

プレゼンターはたった10分間という限られた時間でその事業が社会に広まった時、

 

どんなシーンが起こるのかという「最高の価値の体験」、

 

そしてどんな困難や問題があってもそれを乗り越えて、夢を実現できる自分だけの理由「あきらめない理由」を映像にするんです。

 

そのために4月から毎月2回(5時間)もの時間をかけて、事業の価値やあきらめない理由を深堀して、ブラッシュアップをスタッフが全力で支援しながらやっていきました。

 

 

★「学生ドリプラの新田」の夢

 

僕の夢は、「すべての人が夢を語り、実現に向けて互いに支援しあえる社会を創る」ことです!

 

そのためにはまずは、考え方やあり方から変えていく必要があるので、まずは僕たちが見本となって夢を語り、輝きつづけなければならないと思います。

 

 

IMG_3065

 

自分の可能性に気づき、夢を諦めてほしくない。

そのために、「夢を語り、夢を伝える」舞台を提供した新田さん。

 

だがこれもまだ最初の一歩にすぎないのかもしれない。

 

新田さんの夢への道のりはまだ始まったばかりだ。

 

ありがとうございました!!

 

★新田さんお勧めの1冊

 

プロデュース能力 ビジョンを形にする問題解決の思考と行動/佐々木 直彦

 

¥1,680

 

Amazon.co.jp

 

 

★新田さんから一言

 

今後も毎年学生ドリプラは開催していくので、共に夢の舞台を創り上げていく実行委員や本気で夢を語り、実現したいプレゼンターはどんどんgakusei.drepla@gmail.com までご連絡お願いします!

  

 

【文…長瀬晴信】