10881708_767123563402392_997556343616410469_n (1)

王道ではないのかもしれない。

強豪校ではなく、新興校の選択。
引退後、飲食店を挟み、現役復帰。

いや、王道かもしれない。

ベルマーレ平塚(現:湘南ベルマーレ)に入団し、
コンサドーレ札幌ではキャプテンを務め、
持ち味のスピードを生かし、Jのピッチを駆け回った。

和波智広。

『前向きな失敗をしてきた。』
5年ぶりに「ヴィアティン三重」で現役復帰した彼は
背中で魅せるコーチとして、子どもに夢を与えている。

―和波のサッカー人生における初めての転機は、高校時代に遡る。
三重県のサッカー強豪校として知られるのは、四日市中央工業高校、通称「四中工」。多くのプロ選手を輩出し、全国大会にも何度も出場する、言わずと知れた名門校である。

1897705_525436960904388_1029049411_n

「チャンスを逃すわけにはいかなかった。」

―もちろん、高校進学を控えた和波にも「四中工」から入学の誘いが来ていた。しかし、彼は文武両道が求められる暁高校への進学を決める。現在はプロ選手輩出するなど、三重県内でもサッカー強豪校として知られるようになった暁高校。しかし当時は。

「当時、四中工は樋口士郎監督(現:四中工監督)がまだいない時代で、誘いは頂いたが、積極的ではなかった。一方、暁高校は中学生の時、三重県代表として一緒にプレーした選手が進学。文武両道を目指し、いろんなことをしていける学校。当時監督だった海津さん(現:ヴィアティン三重監督)も熱心に誘ってくれて。暁高校に行って、四中工に勝って全国に行く。そんな考えもありましたね。」

―暁高校に進学後、3年次にはその四中工と三重県大会決勝で全国の舞台をかけてぶつかる。

「暁高校自体は、良い学校だった。スポーツも盛んでしたし。ただ、競い合う環境という部分では、四中工などのサッカーで伝統のある高校と比べて欠けていたのかなと。僕らの時は伝統もなかった。仲良しチームな部分もあった。伝統校特有の『勝たなければいけない』プレッシャーがない状態で、3年間プレーをしてきた。その差が最後の敗戦に繋がったのかもしれません。」

―その敗北は、今後のサッカー人生を形作る原点となった。

「全国選手権、インターハイを目指し、負けた。その敗北、悔しさが、全国で活躍している選手に負けない、全国で活躍した選手たちに絶対勝つんだという気持ちに繋がった。」

―全国を目指し、奮闘した和波には敗戦後、プロチームからのオファーが届く。「プロサッカー選手」として生きていくこと。そのキャリア選択に不安はなかったのか。

「当初は大学に進学しようと。練習にも参加していました。ただ、プロチームから声をかけてもらって、今までに闘ってきた選手たちの代表として、上の舞台でプレーするチャンスが目の前にきた。なにより自分がサッカーを始めた頃からの夢。そのチャンスを逃すわけにはいかなかったし、迷いなく飛び込んでいった。」

―いくつかのプロチームからオファーが届いた和波。彼が選んだチームは、ベルマーレ平塚(現:湘南ベルマーレ)。当時、日本代表選手など豊富なタレントを揃えた平塚も親会社の経営難から高給な選手を手放していた。

「チャンスだった。試合に出て、長く現役を続けなければ意味がない。だったら、自分にチャンスが多い所にいったほうがいい。」

―そして迎えた入団会見。同期には和波が目指した全国の舞台で躍動した選手たち。その選手たちと並び、プロの世界へ飛び込んでいく。

「チームメイトであり、ライバルでもある同期。『心の内側』では負けないという気持ちがありました。チヤホヤされて入ってきた選手たちに絶対負けるかと。」

10378241_611134632334620_5046109291050191571_n

「明日クビと言われてもおかしくない世界で。」

―1999年、ベルマーレ平塚に入団。高校サッカーとJリーグ。レベルの違いを肌で実感する。

「試合における状況判断、スピード。このままで大丈夫かと不安を抱いたこともあった。親元を離れて、厳しい環境で生活をするのも初めてでしたし。」

―新たな環境で直面する現実と未来への不安。どう解消していったのだろう。

「1番はサッカー。サッカーでしか不安は解消されない。ある程度、自分が思ったことができるようになってきたとき、不安が減っていったかなと。あとは街の人や応援してくれるサポーターとの個人的な付き合いやライバルでも、仲間でもある同期の子たちと話をするなかで、お互いになんでも言い合える環境ができた。」

―プロの世界に慣れ、順調に出場機会を掴んでいった和波。さらなるステップアップを目指し、ベルマーレでの2年のプレーの後、2001年コンサドーレ札幌へ移籍を決断する。

「ベルマーレがJ2へ落ちる前から、常に上昇志向を持ってプレーしていましたし、ベルマーレがJ2に降格したタイミングもあった。若かったですし、上の環境へいこうと考えていたときにコンサドーレから移籍の話をもらって。」

―新天地での新たなチャンスに気が引き締まった。

「札幌は冬に移籍したので、気候面での不安もありましたが、なによりも人の温かさを感じました。当時は監督も岡田さん(岡田武史:元日本代表監督)で、選手も大黒(2006年W杯日本代表)、播戸(元日本代表)、ウィル(2001年J1得点王)など良い選手が揃っていて、良い環境だった。また1からレギュラーを取らなければいけないという感じがありましたね。」

―移籍後も順調に出場機会を重ねた和波。しかし、チームの成績は下降し、J1からJ2へ降格。J2でも下位に沈むチームのなか、どんな心境で当時、プレーをしていたのだろうか。

「残留を目指す環境ではありましたが、その気持ちを抱いて、プレーするつもりはなかったですね。チームの成績ももちろんですが、自分が活躍しないといけないという想いの方が強かった。試合に出ないと話にならない、明日クビと言われてもおかしくない世界ですから。活躍しよう、同期に負けないという気持ちがずっとありました。」

―その姿勢はプレーにも表れ、2004年にはJ1のヴィッセル神戸にレンタル移籍を果たす。当時の神戸はキングカズこと三浦知良、日韓W杯で活躍したトルコ代表イルハンなど、実力ある選手が揃い、和波の競争相手にも新外国人選手が加入していた。

新天地での、1からの競争。見えない焦りが思わぬアクシデントを生んだ。和波は太ももの肉離れを起こしてしまう。

「1からのスタート、試合に出るためのアピールが求められるなかで気持ちは先走る。疲労がたまっても、無理をしてしまった。開幕前、同じポジションの競争相手には外国人選手。無理をしてでもアピールをしなければいけないと。その経験も今となっては良い勉強ですけどね。」

1458421_485864361528315_20878523_n

不安に勝った安堵感。

―怪我の影響もあり、神戸で試合に出場することはなかった。神戸に加入してから半年後、古巣札幌から復帰のオファーが届く。和波移籍後の札幌はJ2の下位に沈み、チーム再建が求められていた。和波は復帰を決断する。

「札幌から戻ってくるようにオファーを貰い、チームの順位を少しでも上げられるように貢献したいと。」

―復帰後は2シーズンに渡り、キャプテンを務めた。

「キャプテンは監督が描いたサッカーを理解し、試合中には選手に伝えることを求められる。試合が劣勢であれば、その改善のために何ができるか考えながらプレーする。25、26歳でキャプテンになったので、30代の年上の選手や下の世代の選手の間に入らないといけなかった。上の世代も下の世代も気持ちよくプレーできるように、チームのことを優先的に考えるようになりました。」

―しかし、和波に試練が訪れる。それは2度目の怪我。

「現役最後の年、2008年は怪我もあって試合にほとんど出れなかった。なかなか100%でプレーすることができなくなったというのはありましたね。100%の状態でプレー出来ない。今まで自信をもってきた持ち味が出せない。」

―和波は現役引退を決断する。

「ごまかしながらプレーするのも嫌だった。他のチームからのオファーもあったんですけど、自分の状態を考えるとできない。引退しようと。」

―新たに迎えるセカンドキャリア。和波は「サッカー」の道で生きることを選ばなかった。

「プレイヤー、スカウトなどのフロントのポストも断った。1度サッカーを客観的に見てみようと。サッカーは充分長くやったので、一度休んでもいいんじゃないかと思って。」

―ずっと生きてきた道を断つことに不安はなかったのだろうか。

「不安というよりは安堵感が勝って。身体も無理しなくていい、ホッとした部分もあった。三重に帰れば、いろんな知り合いもいる。心配はなかった。」

1978870_546923058755778_486770925_n

子どもが夢見るプレーをもう一度。

―現役引退後、和波は三重で飲食店を営んだ。

「リセットというか、一度チャレンジしてみてもいいのではないかと。札幌での生活も長かったので、当時の人たちが足を運べるような場を作りたかった。ただ当初から長く飲食店を経営する気持ちはなくて。いろんな話を聞きながら、自分に何ができるか探っていきたいと考えていました。」

―これまでとは違う新たな道。慣れないこともあったのではないか。

「大変は大変。ただ、どの職業も大変ですから。自分でいろいろ考えながらやるのは楽しかったし、お客さんを相手にするっていう意味でも、サッカーと繋がる部分もあるなあと思いながら、やっていました。厨房といっても肉切ってただけですけどね。知り合いの肉屋さんに行って、切り方とか教えてもらって。1から教わってやることは、嫌いじゃなかったし、やってみないと分からないことがたくさんありました。」

―新しいチャレンジ。だが、彼を支えたのはやはりサッカーだった。

「子どもたちにサッカーを教えたりするなかで、原点に返ることができました。とにかく楽しくボールを蹴る。こけても何度も立ち上がり、ゴールを決めれば喜ぶ。汗だくになって走り回る子どもたちを、指導というか一緒にサッカーしながら見ていたので、また原点というか、充電出来たというか、こういう気持ちでサッカーやっていたなあというのを少しずつ感じながら。」

―そんなとき、新たな転機が訪れる。

「子どもたちに自分が試合でプレーしているところは見せられない。プロでの経験も話でしか伝えられないし、指導といっても軽く一緒にプレーして教えるだけ。子どもたちにもう少し良い影響を与えられないかなと考えていたところに、ヴィアティンが声をかけてくれて。ヴィアティンもJリーグを目指して当時立ち上がったばかり。子どもたちが小学校何年生になるか分からないけど、そんなクラブが街にあればという想いもあって。」

―現役復帰。しかし、これまでにプレーしたチームとは異なり、県リーグのチーム。当時は専用グラウンドもなく、J時代とは収入の格差もある。しかし、それを超える子どもたちへの想いがあった。

「当然、お金は昔、Jでやっていたときと比べると、それは比べ物にならないような金額ですけど、僕なんかはワンクッション入れて、子どもたちにサッカーを教えながら飲食店を営む環境にいたこともあってか、そんなに大きい問題ではなかったです。勝利を重ねていけば、状況も良くなるし、なにより子どもたちにプレーを通して影響を与えられることが大きかった。」

10500254_598801343567949_3762699603408135152_n

中途半端ではない前向きな失敗。

―こうして2013年、ヴィアティン桑名(現:ヴィアティン三重)に5年のブランクを経て加入。
ヴィアティンに所属する選手としては最年長となる。

「最年長だから動けないとか、偉いとはまったく感じません。若い選手が多いので、彼らが気持ちよくプレーできるようにとしか考えていない。当然、Jの経験を生かして、選手に伝えたり、それを基準にしてチーム作りに貢献していくことはあります。チーム作り、地域の人への対応、サッカーを高いレベルでやるために、1人の人間としてどうあるべきか選手たちに伝えていく役目があるし、自分自身が手本になる必要がある。」

―3つのJチームに在籍した和波はヴィアティン三重の勢いを感じている。

「立ち上がったばかりですが、代表や監督といった行動力のある方々が上にいて、地域貢献を何より大切にしている、地域との繋がりも濃く、スポンサーさんを集めるための力にも長けています。コーチをするなかでも、ただのコーチとしてではなく、選手としてプレーも見せながら、コーチができるので、試合に応援しに来てくれる子どもたちにとっても、大きな刺激になる。とにかく子どもたちの目指す目標であれるようなコーチでありたいですね。」

―順調にステップアップするチーム。今後の成長に求められるのは。

「だんだん組織としても大きくなっていくなかで、地域の人にも応援してもらえるチームにならなければいけない。このまちのシンボルだと思ってもらえるチームへ。そのためには、早く1つでも上のカテゴリーに行くこと。プレーで、そして結果で、魅せていけないといけない。」

―しっかり結果を出すということ。とにかく早く、上にいくこと。

「失敗することは考えたくないけれど、チャレンジしないと上にはいけないので、チャレンジするなかで、失敗も出る。だけどそれが大きな失敗にならないように。小さい失敗を一つずつ修正しながら、そしてまたチームとして強くなっていくことが必要なので、結果を求めながら、みんなで競いあいながらやっていく必要がある。」

―それは、和波自身が人生のなかで、感じてきたことでもある。

「前向きな失敗を楽しくしてきたつもりだし、そこでしか感じられない失敗をすることで、こうしたらよかったなっていう部分に気づけるのでね。中途半端にして後々気づくのではなくて、これも良かったけど、もう1つこっちもできたのではないかとまたチャレンジできる。その積み重ねで、必ず良い結果が出てきた。だから、子どもたちにはチャレンジをしながら失敗をしてほしいといつも言っているんです。」

―高校の選択を始め、プロ入団後も前に進むためにチャレンジし続けた和波だからこそ、チームに、そして子どもたちに伝えたい想いがある。

「前向きだと、当然悔しい気持ちが大きく出るし、悔しくて次は絶対成功してやるって気持ちが出るし、その気持ちを感じてほしいなと思いますね。現状に満足するのではなく、少しでも前に進むために。」

10407178_605988349515915_7869729556000568487_n

第一線で走り続けた男が、もう1度走る決断をした。

数々の分岐点が沁みこんだプレーは
観客、そして背中を追いかける子どもたちに
大きな影響を与えるだろう。

前向きな失敗が、次のチャレンジに。
言葉に裏打ちされた和波のプレー、注目だ。

【文章:江口 春斗】
【写真:ヴィアティン三重】