2015年、最も注目される新人アーティスト」

                                            

満を持して、現役女子大生ユニットが、全国プレデビューする。

 

90年代の上質なJPOPをコンセプトに、どこか懐かしい、キャッチーな歌を歌う。

 

その名も、「はちみつ。」

 

結成わずか半年で、人気テレビ番組やラジオ番組に続々と採用され、

 

今まさに音楽シーンの注目を集めつつあるアーティスト。

 

全国デビュー直前の彼女たちにインタビューしました。

◆ はちみつ。 ◆

現役女子大生のMOMO(モモ 写真左)SETA(セタ 写真右)で構成される、二人組ボーカルユニット。

20144月に結成以来、90年代の上質なJPOPを彷彿とさせる作風で注目を集め、同年115日に1stシングル『うたたね』で全国デビュー。いきなりオリコンデイリー初登場14位を記録した。同シングル収録曲『マニアックに恋して』が、読売テレビ・日本テレビ系番組「秘密のケンミンSHOW」のエンディングテーマに抜擢されるなど、猛スピードで音楽シーンを駆け上がっている。

プロデューサーは、あいのり主題歌「明日への扉」で有名なI WiSH(川嶋あい)を手がけた山口光氏。7年ぶりに音楽業界に復帰する。

 

はちみつ。”Youtube 公式チャンネル:http://www.youtube.com/channel/UClt-WCvMjOIzeQrlEHIbBuQ

 

 

はちみつ。がイチオシする曲の紹介へジャンプ

 

SETAさんとMOMOさんがこうしてCDデビューするまでに至った流れを教えてください

SETA(以下S:幼稚園の頃から歌うことが大好きで、みんなの前で水戸黄門を歌っている子どもでした。本格的に歌手を仕事にしようと、オーディションを受け始めたりしたのは高校2年の冬です。19歳の頃に「ロッテ×Sony Music 歌ガムオーディション」で賞をもらって以降、様々なお仕事をやらせていただいた頃に、現在マネージャーをして下さっている、つばさレコーズ堀切裕真さんに出会いました。

 →レコード会社側からの裏話はコチラ 音楽業界志望学生必見! ■No.426 アーティストを売るお仕事とは?㈱つばさプラス音楽レーベル事業部「はちみつ。」マネージャー 堀切裕真さん■

MOMO(以下M:すごいんです。すごいシンガーソングライターだったんです。

 

S:ちょっと、過去形にしないで~()

 

M:私は地元福岡県の高校でバンドを組んでいました。「みんなでデビューしようぜ!」って盛り上がっていたのですが、進学校だったので、進む大学の地方がバラバラになってしまい、そのまま解散()

 

そのあと、大学進学で東京に来ても、音楽をやりたいなと思っていて、ヴィレッジ・ヴァンガードのJPOPカバーアルバムの曲を歌わせていただいたりしていました。2014年の3月中頃くらいに、SETAちゃんの相方を探すオーディションに参加することになって、そのまま4月にCDデビューというかたちです。

 

S:じゃあ、もしみなさんヴィレバンに行ったらMOMOちゃんの声が聞こえてくるかも!っていうことですね。みなさんヴィレバン行きましょー!

 

M:ヴィレバンの宣伝をしなくていいから!()

SETAちゃんの相方のオーディションに受かったとき、スタッフに「1ヶ月半後に手売盤のCD出すから」と言われてビックリしましたね。

 

S:会って二回目でもう、そのCDのレコーディングだったもんね。

正直、まだお互いのことをよく知らないなかで、いきなりブースに押し詰められて歌って・・・あ、でもそこで仲良くなったよね!

 

M:最初はぎごちなくて、「あ、おつかれまです」「あ、だいじょうぶですか」みたいなやり取りをしていました() 

 

S:今はとっても仲が良いです。いないと物寂しいです。

 


 

 

 

 

 SETA (セタ)

岡山県出身。“はちみつ。”では特徴あるハイトーン・ヴォイスを担当。幼少期、テレビもラジオもない閉鎖的な家庭で育ち、14歳で作曲を開始。17歳からライブ活動を始める。 2012年ロッテ×Sony Music「歌ガムオーディション」においてゼウス賞、 ベストパフォーマンス賞受賞。2014年春、Sony Music Labels よりリリースされた母への感謝をテーマとしたコンピレーションアルバム 『MOTHER~感謝~』に唯一無名の新人として大抜擢。小田和正・KiroroYUIといったそうそうたる顔ぶれに名を連ね、話題となる。 大学の専攻は、美術科でデスマスクを作成している。

 


 

いよいよ全国プレデビューしました。実感はいかがですか。

S:「好きなことは仕事になると嫌いになるよ」と色んな職種の方に言われるのですが、私は今とても歌手のお仕事が楽しいです。本当に自分は音楽が好きなんだなって思います。

 

はちみつ。になる前の歌ガムのオーディションの方が辛かったです。三次試験のお題が「1週間で100曲のボーカロイドを歌って提出する」でした。

めろちんさん(ニコニコ動画の人気踊り手)や堂珍さん(CHEMISTRY)などから出された課題出をこなすのですが、とっても大変でした。

 

M:私は先ほどお話したように、オーディション後わずか1ヶ月半ではちみつが結成されたので、CDデビューの実感がわかないまま、ラジオ出演などの目の前の仕事こなしていました。

 

最近になって、ようやく全国デビューを実感しています。(編集部注:取材当時は全国デビュー間近)

 

人生の中でもわりと決定的瞬間になると思うので、「ついにきちゃたよ」ってそわそわしています()


 

MOMO (モモ)◆

福岡県出身。“はちみつ。では味わい深いミッド・ヴォイスを担当。都内の大学に通う現役学生。ヴィレッジ・ヴァンガードのJPOPカバーアルバムに5作品で歌唱オファーがあり参加する等注目を集め、”はちみつ。結成オーディションで大抜擢された。

SETAの天然トークをいつも拾ってくれる、お姉さん的存在。


 

地元や周りの反応はいかがですか?

 

M:地元の友達が増えました() 「秘密のケンミンSHOW!」のエンディング曲として初めてはちみつ。の曲が放送された日が、人生で一番友達多くなったかもしれない。

 

(一同笑い)

 

M:昔に仲の良かった友人たちから「おめでとう!」って連絡が来ると、「私のこと覚えていてくれたんだ!」と嬉しくなりました。アドレス変えてなくてよかった()

 

S:私もたくさんの人からのお祝いメッセージが本当に嬉しくて、全部スクリーンショットして保存しています。

 

特にお母さんはすごく応援してくれます。私の地元:岡山でライブした時は、お母さんが親戚一同に声かけてくれたので、客席が親戚だらけでした() 

 

私のお母さんは、太陽なんです。最終的になりたい人間そのもの。仕事と家事で忙しいのに、どんな時も、人を受け入れて、抱きしめて、笑ってくれます。

 

 

いざ歌手デビューですが、「ここエンタメ業界っぽいなー」ってところはありますか

 

S:あーいっぱいあります!

 

M:外が暗くても「おはようございます」って言ったり、なんでも「恐縮ですっ」って言う文化は面白いと思います。

 

S:私は、どこでもいつでも「お疲れ様です」って言ってしまう癖がついてしまいました。

良くないですよね。そんな疲れてないし。朝だし。

 

M:もう挨拶になっていますね。

 

S:でもこの業界に入って、日々の考えることが変わりました。

 

高校の時は「お昼ご飯どうしよう」「あのパン売り切れたかな」しか考えてなかったのですが、

 

今は「さっきお会いした方が素敵だった。曲にできるかな。」とか「2時間空いたからその間にスタジオ行ける!」とか考えるようになりました。成長しました。

 

あこがれの歌手はいますか

 

S:小田和正さんLOVEです!!家族ぐるみで大好きです。12月のクリスマスライブも頻繁に行っています。

 

はちみつ。を結成する前に、『MOTHER~感謝~』()というコンピレーションアルバムで、小田和正さんと一緒に名前を連ねることが出来たときは本当に嬉しかったです。

 

※『MOTHER~感謝~』・・・20144月にSony musicからリリースされた「母の日」がコンセプトのコンピレーションアルバム。SETAは小田和正・KiroroYUIGReeeeNSEAMO・川嶋あい・青山テルマなどの豪華な顔ぶれと共に参加している。

 

M:私はJUDY AND MARYとレベッカを聴いてバンド始めました。東京事変のコピーバンドもやりました。他にも、松任谷由実さんや竹内まりやさん、Every Little Thingなど、女性ボーカルの曲が大好きなんです。

 

結構懐かしのアーティストがお好きなんですね。

 

S:うふふふ

 

M:どうしたの?

 

ど、どうしました!?

 

M:あ、わかった!私が女性ボーカル大好きって言ったから、自分のことだと思って嬉しくなったんでしょ!

 

S:うふふふふふふふふ!!

 

す、すごい以心伝心ですね・・・!!

それでは、“はちみつ。“ のオススメの曲を教えてください!

 

S:私は、「放っておいてください」です。

 

115日発売の全国プレデビューシングルの三曲目に収録されています。

 

男の子目線の詞が特徴です。好きなあの子が彼氏いるのかどうか気になってしまう、少し大人になった男の子の純朴な恋を描くかわいい作品です。

 

M:私は「素顔のままで」です。

SETAちゃんと出会って2日目にレコーディングした思い出の曲です。手売盤1stシングルに収録されているバラード曲です。二人の声のハーモニーに注目してください。

 

当時は緊張しすぎて、文字通り素顔でレコーディングに臨んだので、声が震えて大変でした()

 

 

“はちみつ。“ のプロデューサーは、なんとI WiSH()や川嶋あいをプロデュースした山口光さんだそうですね。山口さんはどんな方ですか?

 

M:とてもパワフルで尊敬できる方です。

 

この業界に入ると、「おめでとう」とか「頑張ってね」とか優しいことを言われる機会が多い中、私たちの人生を真剣に考えて厳しいことを言って下さる方です。

 

内面の優しさありきの厳しさと言いますか、音楽業界の大変さを教えてくれたり、私たちの将来の進路のことなどに向き合ったりしてくれます。

 

I WiSH・・・川嶋あいがボーカルを務めた音楽ユニット。2003年に発売されたデビュー曲『明日への扉』は、当時の人気番組「あいのり」(フジ系)の主題歌に抜擢され、90万枚の大ヒット。川嶋あいはその後ソロ活動を始め、『旅立ちの日に・・・』『My Love』などをリリースするなど、現在も精力的に活動している。

 

 

最後の質問です。“はちみつ。“ のお二人は、10年後どうしていますか?

 

M:これから10年で、“はちみつ。には色んなことが起こると思うんです。

 

それでも、今みたいに、仲良く2人でランチにいったりする“はちみつ。“ でいたいです。

 

S:今のぜひ録音してくださーーーい!!!♡♡

 

M10年と言わず、2030年、節目を大事していけるユニットにしていきたいね。

 

S:音楽活動を頑張りつつも、もっと個人として色々できることを増やしていきたいです。

私はどうやらボケ担当だそうなので、トークのお仕事とかしてみたいです。

 

M:自分でボケって言っちゃだめ!()

あとは何だろう。バンドも再びやってみたいし、小さい頃に卒業文集に書いたお天気お姉さんもやってみたいですね。

 

いまこの記事に挑戦したいことを書いておけば、オファーくるかもよ!!

 

S:ぜひ、いっぱい書いてください!!

 

M:私たち、“はちみつ。“ これから頑張ってまいります。皆様の応援よろしくお願い致します。今流れている、はちみつの「秘密のケンミンSHOW!(木曜夜9時放送)の曲もよろしくお願いします!

 

デビューおめでとうございました!!

 

 

いよいよ全国デビューを果たした「はちみつ。」

しかし!!

その華々しい世界の裏には、裏方スタッフの泥臭い苦労があった。

音楽業界志望学生必見!

「はちみつ。」マネージャーによるデビュー舞台裏秘話

No.426 アーティストを売るお仕事とは?㈱つばさプラス音楽レーベル事業部「はちみつ。」マネージャー 堀切裕真さん