nakamasao-sama

インドに来て3ヶ月が経った

とても楽しく、なかなかしんどいからだろうか
あっという間に時間が過ぎていく

たったこれだけの期間でも味わい深いインド
12年という時間は、何を語るのだろうか

第2回のインド進出日系企業インタビュー

カシオ・インディア社長
中正男(なかまさお)さんにお話を伺った

 

カシオ計算機のインド進出、合弁の可能性に懸ける挑戦

ーーインド駐在歴が長いということですが、中さんがインドに来た理由は何だったのですか?

僕自身はインドにトータルで12年近く居ますね。初めてのインド赴任は1996年、今は3回目で2007年の5月からになっています。

1回目は96年4月にインドに会社ができ、そのタイミングでの赴任でした。というのもインドでは91年が経済開放、94年から外資参入OKのシグナルが出始め、95年あたりから51%の株式所持が認められて。96年が日系にとっての第一次インド進出ブームだったんです。

その頃カシオ計算機では、ポケベル販売を国内・海外でやっていたんです。海外でも新規市場を求めて、ポケベルをインドで販売することになったのが、僕がインド駐在になるキッカケでした。

ーー96年の会社設立当時はカシオ計算機としてのインド進出だったのですか?

いえ、外資企業の出資は51%までだったので、インドの企業と合弁会社をつくって生産・販売することになりました。

当時、インドでものすごい成長率の企業があり、そこをパートナーにすることに決めました。それと合弁への期待もあったんですよね。

現在は会計などの事務所も整備されましたが、その当時はインドの資料を見つけることもままならない状況でしたから、インドの企業に頼らざるを得ませんでした。

ーーインドのマーケット事情が明確ではないからこそ、持ちつ持たれつの関係性だったのですね。

そうですね。けれどもインド人が入るとややこしくなるものなんですよね(笑)。出資51%ですから。

社長はカシオ計算機から、万全な体制を組んだ……と思いきや、パートナーは勢いのある企業でしたし、合弁相手である僕たちがヒイヒイいってしまう状況でした(笑)。

インドでの営業はインド人が行いますから、社長がカシオ計算機側とはいえ営業が主導権を握ってしまうんです。『コストが高いから売れない!』『日本側が原価を安く出荷しろ!』と責めてきて……合弁事業の難しさを知った時でした。

ーー特にインドでの合弁という難しいケースだったとは思いますが、その後の事業展開はどのように動いたのですか?

カシオ計算機もポケベル販売で、初めはそこそこ良かったのですが、時代の流れとともに携帯電話が主流になっていったんですよね。

2年合弁していたパートナー企業も携帯電話事業のライセンスをとっており、そのままポケベルをやっていても仕方が無いですから、合弁を解消しました。相手はいまやインド1位の携帯通信会社です(笑)。

そこで100%の株式をもって、カシオ計算機としてリフォームしたのが98年のことでした。

次へ進む >>

ページ: 1 2 3 4