katodaikisan

インドってどんな国?
いまインドにいる私が、よく聞かれる質問だ

文化も価値観も違う
たしかにカレーは美味しい

けれども、インドで暮らすことと
インドでビジネスをすることは全く違う

学びも、苦労も、やりがいも

いま、嬉しい機会をいただいて
インドに進出する日系企業マーケターの方に
インタビューをしている

インドではじめてのインタビュー

ロート製薬株式会社マーケティングマネージャー(インタビュー当時)
加藤大樹さんにお話を伺った

 

1つのプロジェクトに3年かかる国なんです

 

ーー加藤さんはインドが初めての駐在だったのですか?

そうですね。もともと商品企画、営業企画、生産管理など国内事業系の部署を転々としていました。国際事業部にも一時期所属していましたけど、その時は日本から現地の代理店を管理する役割でした。

ロート製薬のインド現地法人は、2010年の9月に設立して、同年の12月に商品導入をしたのですが、私がインドに来たのが翌年3月だったので、ちょうど立ち上げ時期でしたね。というのも、もともとインド支社は日本人1人で回していく予定だったのですが、立ち上げ時から一筋縄でいかなかったんです。

そこで社内でインド駐在の募集がかかって、私は手をあげました。インドでの商品企画・立ち上げ・マーケティングができるということだったので、『ちょっと行ってみようかな』という気持ちで応募しましたね。私も当時は34歳でしたし、30代後半になったら行かないだろうと思いましたから。

その時は、こんな国だと知りませんでしたが(笑)。そこからインドに来て、メンバーも部下もインド人という環境でしたから、リモートと対人の違いをひしひしと感じましたね。

 

ーーそうして3年間、インドに駐在してらっしゃったんですよね。

1年くらいで帰る方も多いのですが、私は意外と生活できましたね。

日本の感覚だと3年というのは長いですが、それがけっこう難しいんですよね。インドは日本とビジネスの形も違いますし、インドローカルの人々とトラブルもありますし、インドは仕事に時間がかかるんですよ。

日本にいたら1年で数個のプロジェクトが回転するところを、インドでは1つのテーマに3年かかって、やっと兆しの判断が出来るくらいのサイクルなんです。

 

ーービジネスに時間のかかる国なのですね。ご家族も一緒にインドへ来られたのですか?

そうですね。インド駐在の募集があった時も、妻に言ったところ『迷わず応募』と後押ししてくれて。そうして家族と一緒にインドへ来ることになりました。

まあ、大変でしたけどね(笑)。インドに暮らすとなると、もちろん日本と比較したら不便さはもちろん、予想外なことだらけで。昼は仕事のトラブル、夜は暮らしのトラブルでした(笑)。

特にインドで蚊の出るシーズンは子どもは外で遊びたがっても、蚊に刺されて感染症になったら困りますから、大変でしたね。

次へ進む >>

ページ: 1 2 3 4 5