塚本廉5

2014年2月13日(木)、日本最大級の夢の祭典、「みんなの夢AWARD4」が開催される。

今回で第四回を迎えるこの祭典、開催地はなんと聖地・日本武道館。

 学生・社会人を問わず厳しい選考を勝ち抜いた7人のファイナリスト達が、10000人の観衆と60社を超える企業を前に、自分の夢のプレゼンテーションをする。

見事最も多くの企業を共感させた優勝者には、2000万円の支援金と各企業からのサポートが贈られる。
「夢が叶う瞬間」を見逃すな。

==============================================================

「みんなの夢AWARD4」

【詳細】
日程:2/13(木)

時間:15:00~21:00

場所:日本武道館

住所:〒102-8321 東京都千代田区北の丸公園2−3

参加人数:10000名

参加費:3000円(一般)
    1000円(学生)

※入退場自由

 ■当日のコンテンツ

-第1部-(15:00~18:00)

○企業と学生による交流会

○学生団体PRタイム etc.

 

-第2部-(18:00~21:00)

○オープニングアクト

○夢プレゼンテーション

○スペシャルライブ

○日本一の夢発表!

■「みんなの夢AWARD4」公式HP
http://www.miraimeishi.net/award

 ■学生事務局ページ
https://www.facebook.com/AWARD.For.Youth

 

第一部では協賛企業との交流会や講演会が行われる。各企業と直接コミュニケーションを取ることで、興味のある業界・企業についての理解を深化させる場となること間違いなし。

第二部では本祭典の目玉である「みんなの夢AWARD4」のファイナリストによるプレゼンテーションが行われる。彼らの熱弁があなたを成長させてくれるでしょう。

詳細: http://www.miraimeishi.net/award/index.php

昨年度の様子:ダイジェストムービー

http://www.youtube.com/watch?v=qqFweohIc_Y&list=HL1390641985&feature=mh_lolz

==============================================================

今回のインタビューでは、この祭典を運営する「みんなの夢AWARD4」学生事務局代表の塚本 廉さんにこのイベントに向けての意気込み等についてお話を伺った。

塚本 廉 

「みんなの夢AWARD」学生事務局代表 大学3年生 
高等専門学校を経て、株式会社日立製作所へ入社。
その後紆余曲折を経て退社、大学受験を決意。在学一年時に起業。
日本だけでなく、海外においても様々な分野で活躍中。

 

学生×企業 で無限大の大きさへ

 

 ―開催まで間近に迫った「みんなの夢AWARD4」ですが、ここまでの道のりを振り返ってみていかかですか?

 

言葉では伝えられないものがたくさんありますね!「みんなの夢AWARD」を通じて、様々な経験をすることが出来ました。様々な企業に直接足を運んで感じたことは、企業は思った以上に若い人の夢を応援してくれているのだなと改めて強く思いました。

 

何かと暗いニュースの飛び交う現代ですが、それに反発する様に力をつけ高く飛び上がろうとしている
人たちは意外とたくさんいます。企業はそんな人たちに呼応し、共に世の中
を変えていこうとしてくれています。日本を代表する60以上もの企業が「みんなの夢AWARD4」に協賛として名乗りをあげてくださったのも、そういった傾向の表れではないでしょうか。

 

―これまで運営をされてきて感じた楽しかったことは?

 

自分一人だけではできないことをする楽しさに気づかされました。
ここまで大きな舞台を運営するとなると、当然周りの人の協力が必要になってきます。
この舞台を作り上げていくに辺り、自分たちで協力してくれる学生団体等を募り、希望や夢を実現出来る環境を0から作り上げていくことで、大変さと楽しさを肌で感じました。

 

また、こうやって地道に協力関係を作るあげることにより、いつの間にか自分のやりたい企画などを実現できるチャンスがごろごろ転がっているところも魅力的ですね。
学生同士という幅で活動すると、規模に限度あるかもしれないですが、企業とタイアップすることで活動の規模がさらに膨らみ、できることの幅が広くなります。 

 

今回の「みんなの夢AWARD4」でも演出から集客、コンテンツまで様々な企画が実現されましたが、それら学生と企業との連携で実現したものばかりです。
是非楽しみにしていてください。

塚本廉6

(昨年の「みんなの夢AWARD3」の様子ファイナリストのプレゼンを聞き、支援したいと思ったらその場でプラカードを掲げる。)

 

来た時よりも何倍も成長して欲しい。

 

―このイベントのPRポイントとは。
 

たくさんありますが、ここでは二つのことに絞ってお話ししたいです。

まず、
「日本最大規模」であることです。 
全国の夢を持つ人の中から選ばれた7人のファイナリストが1万人の観衆と60を超える企業の前で夢を語る、優勝すれば2000万円の支援がある。
こんな材料の揃ったイベントは「み
んなの夢AWARD」しかないと思います。

それに、これだけの学生と企業が一堂に集う場所で何か面白いことが起きない理由がないと思いませんか?(笑)


二つ目に、「人の夢が叶う瞬間」が間近で見られる数少ないチャンスだということを伝えた
いです。
自分と年齢がそんなに違わないファイナリストや大人の夢が、今回のイベントを経て実現するわけですが、それは同じ夢追い人にとって衝撃的な出来事でしょう。
悔しい想いをする者、憧れを抱く者、焦りを感じる者…様々な人間が様々な想いをすると思いますが、とにかく参加するだけで何か刺激を得られることは約束できます。

 
イベントに参加してくれた人達が、会場に入る時以上の自分に成長して帰ることができたら、それだけでも十分開催した意義があると思っています。

ネット上でない、日本武道館というリアルな場に出向くことで何かを持って帰って欲しいと思いますし、その何かがこの武道館にあると自負しています。

 

―塚本さんの思う「応援したくなる夢」とは。

 

「応援したくなる夢」ということは「自分にとってだけでなく、社会全体。つまり、みんなの夢になる夢」ということだと思います。それが実現されることにより自分と相手と、それに加えて社会が良くなることが必要なんじゃないでしょうか。

アワード

Win-Win以上の関係を築ける夢こそ、最も多くの人が共感して、力を貸してくれる夢だと信じています。
今回の「みんなの夢AWARD4」でも、いかに多くの利益が社会にもたらされ
るかがカギになってくると思います。

 

―最後に、塚本さんが思う「夢を叶える為に必要なもの」を教えてください。


ずばり、「語ること」だと思います。自分は今現在、結構多くの活動に関わらせていただい
ているんですが、そういうことって絶対一人では出来ないと思うんです。
人と人との繋が
りがあってこそ初めて自分のやりたいことが実現出来るんです。だから日頃から自分の夢を語ってどんどん人との繋がりを広げていくことが、夢を叶える為の基本なんだと思います。

 

そうやって自分の周りの人に自分の求めているものを知ってもらうことで、そのうちチャンスの方から転がってくるんです。
「この前~がしたいって言ってたけど、○○っていう人がそういう人探してたよ!」みたいな感じで。(笑)  

一見地道ですが、夢を介した出会いの繰り返しで壮大な夢は叶えられていくんじゃないかなと、今までの活動を通じて感じきました。

 

是非、今回の「みんなの夢AWARD4」のファイナリスト達の語りを参考にして、自分の夢に向かって進んで欲しいと思います。

 2月13日、日本武道館でお待ちしております!!

【「みんなの夢AWARD4」集合写真@日本放送】

塚本廉7

 


私達と共に自分自身を、この「夢アワード」を成長させてみませんか?

 学生事務局という場所が“己の夢に向けて、一人一人が高め合える場所”。
“夢アワード”というゴールに向かって、みんなで本気になる。
本気だからこそ、悩んで、苦しんで、時に涙を流し、そして、最後には心から笑う。
この
過程が、自分の糧になる。

その時間をあなたと共有し、最高の景色を“一緒に”創り上げたいと思います。
そして、私達は伝説を創り続けていきます。

■理念

『学生が夢の力を信じ、行動するきっかけを創り、希望あふれる社会を実現する』

■概要

学生事務局は、理系・文系問わず様々な分野に関心を持つ学生が集まっており、一人一人が自分達でできることを考え、自分達の「価値観」や「軸」を見つけていきます。実際に事業運営やイベントの企画立案・運営広報等に取り組んでいます。大学生だからこそ提供できる価値を、「これからの社会」のために創造していく。「みんなの夢AWARD」は「夢」と「仕事」、「人」と「社会」とを繋ぐ「日本一の夢」を決める祭典です。

 

お問い合わせ先:「みんなの夢AWARD4」学生事務局
Email: 
award4gakusei@gmail.com
HP :【みんなの夢AWARD4】 http://www.miraimeishi.net/award
Facebook :【みんなの夢AWARD for Youth】https://www.facebook.com/AWARD.For.Youth

【写真・文責…川嶋 高司】

一部写真はサイトから引用