IMG_1519

 

 

No.29

 

名前:沖本大和(@OKIYAN0807 )

 

大学:明治大学3年

 

所属:学生団体SWITCH

 

 

 

 

 

今回はチャリフェスで有名な学生団体SWITCHの現代表である沖本さん(以下、沖本)にお話を伺った。

 

 

 

 

 

★団体について教えてください!

 

 

 

沖本:まず団体名「SWITCH」には2つの意味が込められているんです。ひとつめは、「自分の心のなかのボタンを押す」、そしてもうひとつが「学生生活を切り替える」という意味。その上で、SWITCHには3つのコンセプトがあります。

 

 

 

①自分たち自身の学生生活を充実させる

 

②イベントを通じて多くの学生にきっかけを提供する

 

③学生界のみならず社会からも必要とされるような団体になる

 

 

 

これらを大事にしています。

 

 

 

Lien:具体的にはこれまでどのような活動をしてきたんですか?

 

沖本:学生にきっかけを提供できるイベントの企画・運営として年に1度のチャリティ学生大運動会を主軸として活動してきました。運動会は運営費などの諸経費分を除いて全額バングラデシュの子供たちに支援させて頂いています。今年も来る9/5(月)に三回目の大運動会を1000人規模で開催する予定です。

 

 

 

 

他にも、やりたいことをどう見つけるかといった自己実現に関するセミナーやチャリティ球技大会、高尾山修学旅行(笑)、800人超を動員した学生合同新感などを行ってきました。

 

詳しくは、ブログ を参照してください。

 

 

 

 

 

★組織の運営などで心掛けていることはありますか?

 

 

 

沖本:一人一人のもっているものを大事にしています。集客に関してもSNSだと関係が少し希薄になってしまう、メンバーに友人などに積極的に働きかけてもらっています。

 

また、メンバーのモチベーションを上げるためにはやはりこの組織を楽しんでもらうことが必要となってくる。大きな目標に向かってみんなで笑顔を大切にしながら取り組んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

★学生の方に対して一言お願いします。

 

 

 

沖本:学生のいいことは、若さと勢いだと思うんです。学生だから見える面が大きい一方、社会に出ちゃうと見えない面もある。

 

社会に出る一歩手前の身として一歩踏み出す勇気を大事にしてもらいたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

【文・写真…長瀬晴信】