OLYMPUS DIGITAL CAMERA

30年間勤めた会社を辞め、学生の帰る場所(ホーム)を作るために今年9月、株式会社オーシャンズジャパンを設立した高橋信之さん。全てはみんなの幸せのため。

目指すは『All Happy』

 

株式会社オーシャンズジャパン

就活を「~したい!」に変え、主体的に取り組むことで、社会に出て働く力を身につけてもらおうと就活生を支援するために生まれた会社。

一人ひとりが「自ら考え、自ら行動する」自主的な成長を全力で支援し、人生において大切なことを伝え、できるようになるまでトレーニングすることで、「幸せに生き抜く力」を身につけることを「目的」において行動している。

①人の個性や可能性を見つけて強みを伸ばします。
②常にプロフェッショナルマインドを持ち続け、必ず結果責任を果たします。
②新しいことにチャレンジして「誰も損をしない、誰もが得をする仕組み」を創出します。

 

そんなオーシャンズジャパン代表の高橋信之さん。
どんな思いからオーシャンズジャパンを設立したのでしょうか。

 

採用と教育の連動

 

――以前勤めていた会社で人事担当者として学生を支援していたことがきっかけで学生のための会社を設立されたのでしょうか?


在籍していた会社では、入社以来ずっと「営業職」だったんです。ところがある時、「新人教育をやってくれ!」と上司から言われました。

もともと営業職に大きなやりがいを感じていたので、3年間ずっと断わり続けていたのですが、最終的には
「やるか、するか、どっちだ!!」
と言われたんです。(笑)

そこまで言ってもらえるのなら新人教育をやってみよう!と決意しました。「やるならとことんやりたい!」そんな性格なので、「教育」だけではなく「採用」も一緒にやらせて欲しいと申し入れました。

 

――「やるか、するか」と言わせるほど、期待されていたということ感じます。「教育」と「採用」を一緒にするとはどういうことでしょうか?

 

大手企業では採用人数も多いので、採用と教育を夫々違う人事メンバーが担当者しているんです。
採用と教育の時期が重なるので、業務的に致し方ない面も確かにあるのですが、4月1日を境にバトンタッチし採用担当者との関わりが無くなってしまうと、教育時に採用時の経緯が全く活かせなくなるんです。

そこで、「採用担当と教育担当を一緒にする」ことで本人の特性を教育に活かすことができるようになりました。

例えば、研修中モチベーションが下がってしまったときに、「最終面接でこう言ってたよね?今はどうなの?」と投げ掛けると、「はっ!」と自ら気づいて軌道修正できるんですよ。

「よく知っているからこそできる」
採用と教育が連動しているからこそできることなんです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 

 

営業経験のある人事だから話せることがある


――採用と教育は別のものではなく繋がっているんですね。
 

そうです。しかし、それだけではダメだと感じています。

営業から人事になった初めての会社説明会で学生たちを見て驚いたことがありました。説明会に来ている学生たちは、大学で講義を受けているかのように無表情をしているんですよ。

「そもそも何をしに来ているの?」「このままではいけない!」そう感じた瞬間でした。

「新人を教育する前に、学生の意識から変えていこう!」と考えました。

 
――「企業の人事」という立場から学生の意識を変えるというのは難しそうですね。どのように学生と関わっていたのでしょうか??

 

「企業の人事担当者」として大学で就活支援の一環として講演を始めました。学生のためにやろうと思ったので、一切会社のPRはせず人事担当者の目線で〝本音〝でお話ししました。

企業のPRをしないとやる意味がないのでは?とよく言われましたが、長年の営業経験から「自分の利益ではなく、相手の利益だけを一生懸命考えていればいい!」「買ってもらえるかどうか分からないお客様に対しても、お客様のことを第一に考え行動することが一番大切」ということを知っているので、営業と全く同じことを実践した訳です。

結果、学生たちは「この人が働いている会社ってどんな会社なんだろう?」と興味を持ってくれ、なんと受験者数は140%に急増しました。
 

――私も自社のPRせずに学生のために講演をしてくれる人がいる会社って気になると思います。(笑)長年の営業で培った経験はこんなところでも活きているんですね。

 

unnamed2 

 

意識を変えるキーワードは感謝

 

――その講演ではどのようなお話をされていたのでしょうか?

就活のテクニックを教えるのではなく「就活の意味や意義」についてお話しし、「就活って面白いかも?」と感じてもらい主体的に取り組んでもらいたいと考えていました。

「なぜ大学に来たのか?」「大学で何をしたいのか?」を問いかけ、「大人の自由」とは何でも許されているという意味ではなく、「自分の行動を選択できるという自由」であるということなどをお伝えしました。

授業をサボることだって自由ですが、そこには必ず自己責任が伴います。「やったことしか返ってこない」ということや、大学で学べる自分の幸せに気づき・周りに感謝できる人になってほしと思っています。

「ありがとう」の気持ちがあれば授業を受ける態度にも表れます。意識を変えるキーワードは『感謝』かも知れませんね。

 

――許されているという自由ではなく、どういう行動を取るか選択できる自由があるのは面白いですね。大学生からは大人としての自覚も大切なんですね。

私はそう思います。勉強・遊び・アルバイトと大学時代の特権である「時間の自由」も活かして、様々な経験を積んでほしいと思います。

例えば、アルバイトもただ単にお金を稼ぐ手段だけではなく、社会へ出て活躍するための予行演習であるという意識を持って働くと、おのずと得るモノも全然違って来るのではないでしょうか?

就活が始まるのは3年生からではなく、時間を無為に過ごさないためにも1年生から伝えていきたいですね。意識さえして取り組めば、自然と生き抜く力が身につきます。


――1年生からとは「早くないかな?」と感じるかもしれませんが、早いに越したことはないですよね。学生に伝えるときに気をつけていることってありますか?

学生だけでなく誰に対してもですが、主語を「YOU」ではなく「I」で話すようにしています。
「あなたはこうすべきだ!」と言っても「お前に言われたくないわ!」となりませんか?(笑)
だから「私はこう思うけど、あなたはどう思う?」という感じですね。

人間は、「人から言われたことはしないけど、自ら気づいたことはする」そうですから…。(笑)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 

 

学生がHappyになれば会社も、そして日本も。
これが『All Happy』



――30年勤めた会社を退職し、自ら学生をサポートする会社を設立されましたが学生のためのどんな場所にしようと考えて設立されたのでしょうか?

「学生といろいろなことを一緒に考える場」になればいいと考えています。

もう企業の人事ではありませんので利害関係なく同じ立場に立って相談に乗り、就活が終わっても終わりではなくその先も「ずっと繋がっていく関係」を作りたいですね。

社会人になってからも、困った時に相談に来れる「社外の上司」になれればと願っています。

 

――就活の間だけでなく、就活後も社外の上司として高橋さんがいてくれることは心強いことですね!!

社内の上司・先輩には話しにくい悩みだって出てくるでしょうからね。
就活を一緒に頑張り、就職してからもここに帰って来れるみんなの「ホーム」になれれば最高ですね!
実際に、2年前にサポートした学生が今年から働き、よく事務所に帰ってきてくれています。
それは私にとってとても嬉しいことなんです。

日本という国は「人が財産」です。
次代を担う学生が、自分に合った職業選択ができれば本人はHappyになれます。
そして、楽しく仕事をしてくれるHappyな人が増えれば会社だってHappyです。

人が元気になり、会社が元気になる。最終的に日本が元気になる。これが私たちオーシャンズジャパンが目指す『All Happy』なんです!

 

『All Happy』は必ず実現できると信じています。

 

unnamed

 

「みんなの羅針盤になりたい。」
「みんなに楽しんで仕事をしてほしい。」
と話す高橋さん自身が
本当に楽しそうに仕事をしていました。
もちろんAll Happyの中には
オーシャンズジャパンのメンバーのシアワセも。 

同じ立場で一緒に考えてくれる高橋さんに
一度会いに行ってみませんか?

そして、あなたも
All Happyの中の一人になりませんか?

 

株式会社オーシャンズジャパンHP
Facebook

  

 

【文・・・田中瑞穂】