IMG_1502

 

No.27

  

名前:藍沢啓人(@aizakku0708 )

大学:明治大学政経学部1年

所属:ランチコム

 

 

 

 

 

SNSを通じて社会現象にもなりつつある「ぼっち飯」を解消したいというユニークな活動をされている藍沢さん(以下、藍沢)に話を伺った。

 

 

 

 

 

★どんなSNSなんですか?

 

 

 

藍沢:ランチcom というランチタイム専用のSNSです。これを使えば色んな学部、大学の人たちとランチができるようになります。現在、神奈川、國學院、上智、専修、千葉商科、東女、日本、明治、横浜国立、一橋、早稲田大学などでテスト運用しています。

 

 

 

 

 

 

一緒にランチした人を、「会話」、「マナー」、「店選び」の3点から評価できたり、喫煙するかなどのプロフィール設定もできるようになっています。

 

 

 

あ、評価はもちろん匿名です(笑)。

 

 

 

また、ただ食べる場を提供するだけでなく、自分のランチの写真とコメントをブログ感覚でみんなに公開することができる「ランチ日記」という機能もあります。

 

 

 

 

 

 

利用希望の大学の方は、lunch@en-gawa.jp までご連絡をいただければと思っています!

 

 

 

 

 

★始められたきっかけはなんだったんですか?

 

 

 

藍沢:founderの方などにスカウトされたのがきっかけですね。もともと起業家志向だったのですぐに興味をもちました。

 

話し合いでは、founderの社会人の方のビジネスからの視点と私たち大学生の意見をぶつけることによって色んなアイディアを生み出しています。

 

たとえば、今冬には就活生が自分の興味ある企業の採用担当の方とランチできるようなシステムを運用させる方針です。

 

 

 

★やりがいはどこにありますか?

 

 

 

藍沢:0からはじまったプロジェクトなので、自分の意見がビジネスとしてリアルに結びついている点がすごい魅力的です。あと、単純に友達がランチ日記を更新してくれたりしてると嬉しく思います。

 

 

 

 

 

 

★課題もあると思うのですが…

 

 

 

藍沢:認知度をどのように上げていくのかが一番の課題です。使ってもらってこそのコンテンツですし。ランチの写真を撮ったりすることは女子大生は特に好きだと思うので、どのように登録してもらうか、そこの点を色んな人の話を聞いて考えています。

 

 

 

 

 

 

 

気軽に繋がりあえるようなツールという点で、私たちLienも「繋がり」の大切さを再認識させてもらいました。

 

みなさんもぜひ、新しい人とランチしたいなと思ったときはランチcom を使ってみてくださいね。

 

 

 

【文・写真…長瀬晴信】