OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

オカダユータ
神戸出身のシンガーソングライター。
5年間の社会人を経験し、もう一度音楽の道へと戻ってきた。
現在、関西を中心にライブ活動および楽曲提供をおこなっている。 

 

5年間の社会人生活から、もう一度音楽の道へ


——いつからストリートで歌っているのでしょうか?

オカダユータとしてストリートで歌い始めたのは今年の冬からなんです。
実は、7年前にも音楽活動はしていたんですが、スランプに陥ってしまった時期があるんですよ。
書いても書いても同じ曲になってしまったり、出来ても全然納得できないものだったり…。
「自分の中の才能の頭打ちだ」って、その時は思っちゃったんです。(笑)
自分が納得できないモノを歌ったって聴いてくれている人には想いは伝わらないし、一度活動を休止して音楽と距離を置こうと決めて社会人になりました。

 

——もう一度歌おうと思ったきっかけは何でしょうか?

活動を休止して社会人を5年間経験をしたんですが、音楽人という生き物は何をしていても頭の中で音が溢れだしてくるんですよね。(苦笑)
同僚たちは日々懸命に働いているのに、俺の頭の中では音楽が鳴っているという。
その音をどうしても無視できなくなってしまったんです。
「俺は何の為に会社にいるんだろう?」って疑問に思ったし、 何よりも思い浮かべた曲を誰かに聞いてほしいのに、それが出来ないことに強い違和感を感じました。
「このまま誤魔化しきれないな。」と。

 

——そこで会社を辞めるって勇気のいる決断ですよね。決断はすぐできたのでしょうか?

こんな時代ですから人並みに不安と迷いがありましたが、決断するのは早かったですね。
本当にやりたい事がどんどん明確になっていってたんだと思います。
「曲を書くこと」、「言葉をのせること」、「それを自分の声で誰かに届けること」 自分が本当にやりたかった事だから、易々と諦めるわけにはいかない。
本気でぶつかって力を試してからじゃないと何も進まない、絶対にって。
活動の再開に時間はかかりませんでした。
今は創作の源泉みたいなものを感じててめっちゃ湧き出てくるんです。
朝に作り始めた曲が昼にはできて、夜のライブで発表なんてこともあります。 楽曲も鮮度が大切です(笑)

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

我慢の時期があったからこそ

——枯れてしまったと感じた昔と音楽が湧き出てくる今の違いはどこにあるのでしょうか?

なんだろう?はっきりとは自分でもわからないんです。(笑)
会社で働くという5年間の我慢があったからかなぁ…。
僕の「やりたい事」が「焦り」や「迷い」と一緒になって少しずつ圧縮されて一気に爆発したのかもしれないですね。
以前とはアウトプットの質も、量も、真剣さも全部違います。

 

——その違いはどこに現れているのでしょうか?

曲の種類自体も変わって、昔はラブソングが多かったんだけど「いろいろあるけど頑張ろうよ!」って、誰かを励ます曲が多くなりました。 もちろんラブソングも歌うけど、こうやって歌う道を選んだからにはたくさんのことを伝えたいんです。
知らぬ間に自分のことも励ましているのかもしれませんね。

お客さんがライブで泣いてくれる事もあります。 元気になってもらいたくて曲を作っているのにライブ中に泣き声が聞こえて焦ります(笑)
でも、泣いて、明日から頑張ろうって思ってもらえたら嬉しいです。

 

——涙が出るほどユータさんの曲に「本気の思い」を感じてもらえてるって素敵なことですよね。それが一番嬉しい瞬間ですか?

制作者としてはまた別の嬉しい瞬間がありますね。
歌詞とメロディができて真夜中、コーヒー飲みながら人で歌詞と音の確認をしてる時は何とも言えない気持ちになります。 その新曲ってまだ俺しか知らない「自分の中だけで鳴っている曲」なんです。
絶対良い曲だから「みんなが聞いたらびっくりするだろうなー!」とか考えて曲ができたら眠れなくなります。(笑)

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

『頑張れ!』じゃなくて『俺だって頑張ってる!』を伝えたい


——みんながどう思うかって考えてる瞬間って楽しそうですね!その歌でどんなことを伝えたいのでしょうか?

今はまだ、「頑張ろう!」っていう歌が多いんですよ。 相手の気持ちをイメージして「俺がこの人なら、こんなこと言ってほしいかもしれない」と考えて書く歌が多いです。
でも、本当に作りたい曲って「俺も頑張ってる!」って曲なんです。
それを聞いて「あいつだって頑張ってるし俺も頑張ろう!」って思ってもらいたいんです。

「君は失恋してきっと今悲しいきもちだよね?元気だして!」ではなく、 「僕は昨日彼女にふられてしまいどん底です。だけどめげません!君はどう?」っていう。(笑)

『僕は自分の話をしているだけなのに、いつの間にか誰かのポジティブを作っていた』
今はそんな歌を書きたいです。

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

オカダさんが目指すところは
「オカダユータ」と聞けば
みんなが「大好き!」というようなアーティスト。

努力してきたからこそ堂々と言える言葉ですよね。
本当にやりたいことは諦めない。
そんな本気の気持ちが伝わってきます。

何かに悩んでいたり、迷っていたりしている人へ。
是非、オカダユータさんの音楽を聴いて
「よし、自分も頑張ろう!」
とパワーをもらってほしいです。

 

オカダユータ oficial website
Twitter:
@Yuta129

 

 

【文…田中瑞穂】