1231616_480284235400822_434962942_n結果 

 

2013年3月、第七回BUZZstyle、学生のためのダンス全国大会。

  

チーム「AMBULANCE CHASER」は東日本40チームの中で優勝しこの大会に進出。

そしてこの大舞台でも優勝。学生日本一の称号を手にした。

  

580534_345910705510707_1403939013_n

 

その歓喜の輪の中に、今回のインタビューの主人公、北村彩夏はいた。

 

小中高と新体操一筋だった女の子は、

大学でも踊りたいという想いと、新歓で見たそのかっこよさからダンスをはじめることに。

そして、ブレイクというジャンルに足を踏み入れた。

  

「ブレイクを選んだのはサークルの先輩が面白かったから(笑)。でも、はじめは難しかった。筋肉のある男性とは体つきが違うため、言われたとおりにやっても全然出来なかった。」

 

そこで、体が柔らかいという特徴を生かしたり、フットワーク中心の踊りをするように。

立って踊るトップロックでは可動域の広さを生かした。

  

そのシルエットのよさは次第に、まわりにも認められていった。

そして、出来なかったことが出来るようになることをモチベーションとしてきた彼女は、いま学生日本一になった。

 

 305525_431808980211521_1754519308_n

  

そこまでハマったダンスについて、北村はこう語る。

 

「ダンスの魅力は、自分らしさを表現できるとこ。人と同じことをやっても面白くない。

自分がどういうダンスをやりたいのか、動きを自分で考え続けなければいけない。

そこが醍醐味です。」

 

 

今後は、B-girlという2人1組で女子のダンス日本一を争う大会で、正真正銘の「日本一」を目指す。

 

「踊りは生活の一部、ライフスタイルがB-girl」と言い放った彼女は、

今日も何処かで踊りを通して自己表現をしているかもしれない。

 

 

 

北村彩夏(きたむらあやか)

1990年生まれ。慶應義塾大学薬学部在学中。小中高と新体操に打ち込み、大学入学を機にダンス(ブレイク)をはじめる。2013年3月に行われた第7回BUZZ STYLE finalで優勝、学生日本一となる。

 

~北村さんのダンス映像~

http://www.youtube.com/watch?v=KMbjZnSQxnc

http://www.youtube.com/watch?v=9bJ9xFaYjjM

 

 

【文…長瀬晴信】