1

 

「学生や若者に、今までの学生生活を通じて伝えたいことがあるんです。」


商品開発などさまざまなプロジェクト運営を果たし

『すごい大学生』でも紹介され

現在は就活アドバイザーとしても活動するあきおさん。


かつては普通の大学生だった彼の変身

そして後輩達への想いに迫った

 

大学生という恵まれた環境に、気づいてほしい

なんのための、大学生?

 

 

——あきおさんは就活を終えた4回生ということですが、今回は伝えたいことがあるんですよね?


仲間や場所が溢れているんやからこそ、チャレンジしたいことがあれば一回飛び込んでみてほしいということを伝えたいです。

 

環境はゴロゴロ転がっているの に、気づかない人が多いんですよ。飛び込んでみて合わなければ『自分に合わなかったんや』と思って他のことにチャレンジしたらいいですし、合えばこれから の人生形成に役立つはずやと思っています。

 

やらないで後悔より、やって後悔のスタンスですね。

 

 

——そんなあきおさんは入学当初、どんな大学生だったのですか?

僕は「商品開発やマーケティングを学びたい!」という思いがあって商学部を受験したのですが、失敗して経済学部になったということもあり、どこかやる気を 無くしていたんです。最初は大学生活を謳歌していたのですが、「親が払ってくれているお金でこのまま平凡な学生生活を過ごしていいのか?」と思うように なったんですよね。

 

せっかく4年間という時間が与えられたからこそ、自分の付加価値を生み出したくなったんです。

 

 

——大学生活に物足りなさを感じたのですね。

そうですね。サークル、バイトから変わらない毎日を送っているのも楽しかったですが、「大学生という看板は何のために持ってるのかな?」って思ったんで す。

 

心を入れ替えて、自己分析したり自分を追いつめたら、人に刺激を与えたり、考え方次第で誰だって今まで生きてきた社会に貢献ができるということにも気 づいたんです。

 

2

 

考え方次第で、誰だって社会貢献できる

好きなことを掛け合わせたら、社会の役に立てた。

 

 

——社会貢献したいと思って、行った活動があったのですか?


僕自身は経済学部という環境でマーケティングは深く学べなくても、何かできるはずだと探し始めましたね。

 

『マーケティング』は勉強しようと思えば自分でで きると思い、学部で学んだ『地域活性』を掛け合わせて考えてみたところ、『伏コン』というイベントを運営することになったんです。

 

——伏コンとは何ですか?

京都の伏見という地区の活性化を図った、伝えたい観光スポットをメインに地域全体を使ったコンパイベントですね。僕は伏コンを運営したことで、「人の悩みを解決して感謝されたら嬉しい!」という自分の喜びに気づくことが出来ました。


それまで限界を感じていた大学での授業を飛び出して、やりたいことを掛け合わしたりしたんですが、結局はすべて自分次第やったなと思います。その活動があったからこそ今の自分があると思いますし、何よりも楽しかったです。

 

 

——新しいことをする時は、怖くありませんでしたか?

失敗することももちろん怖いですが、結果的にも、自分の意思で踏み込むことが大切なんだと思いましたね。そして、それだけの達成感を得られた伏コンが終 わったあとも、まだ心残りがあって次の活動へと動き出しました。山崎パンの『ランチパック』の開発に関わったんですが、これもすごく楽しかったです。

 

何より、大学受験前から憧れていた商品開発でテンションが上った一方、自分次第で道はつくれるって実感しましたね。


また、昔だったら「俺は商品開発がしたい!」と思っていましたが、いろいろチャレンジしていくうちに、今はやりたいことが違うということに気がついたんで すよね。僕は『人に会うことで興味関心が変わる』んやと思いました。自分が一歩踏み出した勇気で、広がった価値観があったからこそ、今の考えがあるんやと 感じますね。

 

 

 

友だちの悩みを解決できない限り、世界中の悩みなんて解決できないと思います

振り返ると、仲間がいた。

 

 

——それだけ積極的に動けるようになったキッカケはありましたか?


今の自分があるのは、『TNGR』という就活コミュニティの存在が大きかったですね。自分の活動への背景がしっかりあったり、自信を持った魅力的な人とた くさん出会いました。

 

「負けてられない、頑張りたい!」と思うようになりましたね。仲間に出会えて嬉しい反面、大きな刺激を受けて、また今までには無かっ たみんなの多様性を受け入れる嬉しさが生まれました。

 

 

——仲間やライバルの存在が、後押ししてくれたんですね。

それまで1人で凝り固まっていてた時と比べ、周りの存在によって自分がこれから求める人間像にたどり着けるような価値観や選択肢が広がったと感じます。


そしてその人間像に近づけるよう、まずは周りの友達の悩みを解決して、「あきおに頼って良かった!」「お前に出会えたからこそ今の自分がある!」と言われる存在になって、世界中に役立てるようなインパクトを与えたいと思うようになりました。

 

 

——さまざまな人の悩みを解決するために、してはることはありますか?

悩みは人によって多種多様なので、自分をもっと磨かなければいけないと思います。プログラミングやウエブサイトの知識なども、自分のやりたいことと関係な くても、いずれ将来に繋がるならやっていきたいですし、やっています。能力はなくたって、やったらできると信じていますからね。


相当な努力と決意が必要やとは思いますが、「社会に貢献できるよな。」と思えるんです。

 

3

 

 

——どうしてITベンチャーに就職を決めはったのですか?


ITは世界中繋がっているんですよね。


意見を発したくても隠される世の中で、みんなが平等なものをITなら創れるんですよ。自分が可能性を感じた場所で自分だからこそできるもの、自分だからこその『付加価値』を意識して世界に発信したいと思っています。

 

またベンチャーである1番の理由は、自分勝負の経験を早期からでき、下積み時期と言っている同期に圧倒的差異をつけて成長したかったからなんですよね。会 社という看板を外した時、例えばクビになったとしても(笑)、周りから必要とされる存在でありたいというイメージからこうなりました。もちろん他にも理由 はたくさんありますが、割愛でお願いします(笑)。

 

——あきおさんは、就活では最初から強い意思をもってやってはったのですか?

いや、僕も就活で初めはミーハーでしたよ(笑)。でも結局、働くことは将来の目標を叶える手段であるわけですし、会社に属するからこそ意識を高められると 思います。

 

やれ大手だベンチャーだとかではなくて、自分のことばで表せられるようにしていくことが大切やと思います。何より、後悔した人をいっぱい見てい るからこそ思うんですよね。

 

 

——あきおさんの大切にしていることはありますか?

『成功よりも成長』を大切にしています。成功したらもちろん嬉しいですが、人間それだけじゃないじゃないですか。「どうしてやってるんだろう?」という自分の気持ちがあってこそ大事やと思いますし、何より成長する自分を見ていてワクワクします。


自分の選んだ道で失敗していいじゃないですか。失敗したおかげで自分の価値が広がるわけですし、どんどん失敗してほしいと思います。僕自身も成長を掲げて、やりたいことは大学生中にやり尽くしていきたいと思います。

 

 

——悩める大学生に、メッセージをお願いします。

まずは、「自分はやりたいことが無いのかな?」と、一回自分を掘り下げてほしいですね。やりたいことが見つからなければ周りの頑張っている仲間を見て刺激 を受けるべきで、「とりあえずやってみよう!」でも良いんです。やっていくうちに進むべき道が見えてくるはずですからね。


一方、やりたいことがあれば積極的に挑戦すべきです。実際、今の自分があるのは仲間のおかげでもあり、初めの勇気ある一歩を踏んだ自分自身のおかげでもあ ります。このまま今の生き方をしていれば、死んだ時に「後悔のない最高の人生だった!」と思えるはずですし、そうありたいですね。


こんな経験をした僕だからこそ今を悩んでいる学生を支えたいと思いますし、まだまだ挑戦したいと思いますね。だからもっと、勇気をもって語ってほしいと思います。言ってくれたらきっと周りの人も、少なからず僕は、応援したいと思いますよ。

 

4 

 

「やりたいことが分からない」
大学生の悩みナンバーワンと言っても過言ではないだろう

同じ大学生だからこそ、等身大で

あきおさんはまっすぐ向き合いたいと語った

 

自分のためでもいい、誰かのためでもいい

あなただけの『付加価値』を見つけてほしい

 

 

Facebook:岡本 明朗 (Okamoto Akio)
Twitter:@akindoru0922

【文・写真:三宅 瑶】