別所

「京都駅の中央口を出て、京都タワーが見えるバス停の近くで待っています。」

Lien

「分かりました。その辺は人が多いので、服装を教えてください。」

別所

「え〜〜と。21世紀少年の『トモダチ』の仮面を被っています。」

僕は、意味が分からないまま、待ち合わせ場所に向かった。

そこで待っていたのは変な人物だった。

恥ずかしいので、すぐ仮面を取ってもらい、


彼の素性を聞きながら、場所を変えた。


彼の名前は別所
直哉(べっしょなおや)さん(以下別所)、


京都工業繊維大学に通う、ごく普通の三回生だ。

今日はそんな彼の「どうしても伝えたい就活を通しての学び」を

Lienが取材をしていく。

 しかれたレールの上を歩く中での失敗

日本では大学三年生の後半になると一斉に就職活動が始まる。

これは日本の当たり前になっている習慣でもある。


そんな習慣の中、別所さんが今伝えたいことは何なのか?

Lien:別所さんが就活をするにあたって今伝えたいことは何ですか?

別所:目的を持って行動すること。です。僕は就職活動を意識し始めてから、

学生団体「TNGR」(http://www.facebook.com/tngr.info)というところに入りました。


「TNGR」では就活生を支援するためのセミナーや、面接のシュミレーションなどを実際に人事の方や企業に協力していただいて行っています。

僕もそこでセミナーに参加したり、面接を体験したりしたのですが、

そこで僕は打ちのめされました。

「今まで何してきた?」と聞かれて答えられない。

「なんでこの場にいるの?」と聞かれて答えられない。

そのときに僕は、

このままではあかん。しっかり目的を持って行動しなければ。

と気づきました。

目的を持たず、ただただ就活を始める人は周りをみても多いように感じます。

 学びを行動に変えた先に・・・

Lien:では別所さんはどのような目的を就活に見いだされたのですか?

別所:これはすごく考えましたね。就活って何なのか。内定を取りに行くためだけのものなのか。

僕が体験的に考えた就活そのものの目的は「自分を知り、相手(企業)を知り、お互いが伝え合うこと」です。

このような目的であれば結果的に自分に合った企業に入ることも可能だと考えました

自分がどういう人間なのかを知り、伝える

相手がどう知ってもらいたいのかを理解し、伝える

伝える力を磨くことこそが、僕が就活をする理由であるし、会社に入ってもしたいことです。

僕は自分を知るために、

・ 毎回フィードバックをもらう

・ 仲間と意見を交換し合う

という2つのことをしています。

面接練習などに積極的に参加し、周りの方に「今自分が何をできていて、何をできていないのか」を聞いて把握するようにしています。

ここで別所さんが言われたFBを見て行きましょう。


こんなことを言われるのか、こんなことでも褒められるのか。

就職活動をする人達の参考になればと思い、今回は別所さんに無理を言って、

今まで別所さんが言われたFBを公表します


【褒めFB】

・ 周りと協力できること(主にグループディスカッション)

・ 素直に話せる、正直。(わからないことは分からないと言える)

・ 良いムードを作れる


【指摘FB】

・ 人の話の要点を掴めていない

・ 何を伝えたいのかがわからない(だらだら話している)

・ 早口になっている

・ 結論→根拠の流れで話す方が良い


などです。


様々な学び,行動を経て、今就活生に伝えたいこと

Lien:では最後に別所さんが今、就活生に伝えたいことを教えてください。

 

まずは目的をもってください。


僕はその目的を掴むために、就活を恋愛に例えて考えたりしました。

使い古された例かもしれませんが、就活の本質はここなのかなと思います。

あなたはその彼女(企業)を落とすために、何をしますか?

僕は「伝える、伝え合うこと」だと考えました。

そしてもう一つは、就活を楽しむことです。就活生同士協力し合いながら、

自己分析や情報交換ができるようになると、就活がもっと楽しくなります。

そういったコミュニティを探すのも手ですし、

これを参考に僕と関わってくれるのも有り難いです。

また、僕のこの考え方の感想なり、批判なりもしてくれると有り難いですね。


(TNGR合同説明会時の写真)

ほとんどの学生が三回生になると就職活動を一斉に始めます。

時期が来たから就職活動という今の就職活動のありかたに、

疑問を抱く機会となりました。

それでも就職活動を通して、自分の甘さを知り、

考えることの重要性を知り、伝えることの重要性を再確認した別所さん。

そんな就活を通して成長する別所さんの姿は、

たかが就活生ですが、キラキラしているように感じました。

別所さん、

本日は就活生に参考になる話をどうもありがとうございました。

(文章・構成:田中大登)

別所さんアカウント情報


Twitter:@bekkouame708

Facebook:http://www.facebook.com/naoya.bessho