o0800059811324438440 

 

No.17

 

 

 

名前:平岡辰太朗(@s_hiraoka1029 )

 

大学:慶應大学商学部2年

 

所属:学生のためのビジネスコンテストKING

 

 

 

 

 

今回は、学生のためのビジネスコンテストを主催するKINGの代表、平岡辰太朗さんにインタビューをさせてもらいました。平岡さんは現在、慶應大学商学部の2年生です。

 

 

 

 

 

★まずKINGとは何か、教えてください

 

「KINGとは、毎年夏にビジネスコンテストを企画・運営している団体です。日本で最初にビジネスコンテストを開催し、今年で16年目を迎えます。ビジネスコンテストとは、一言で言うならば、製品やサービスがいかに売れるかという仕組みの優劣や面白さを競いあうという大会なのですが、KINGのビジコンの特徴としては、初めて出会ったメンバーとチームを組み、7泊8日間の合宿形式で我々が提示した一つのテーマにそってビジネスプランを作っていただくというものです。初めて合った人と一週間、共同生活をしながらあくなき熱い議論を交わし、ビジネステーマに対する答えを練っていくという経験は普段の生活では味わうことのできない非日常空間です。1週間寝る間も惜しんで議論を続けることは、自分の実力を全てさらけ出すことに繋がります。自分の至らなさであったり強みであったり、より自分自身を客観的に見つめなおすことも出来ますので、最終日には、大きくなって成長した自分を実感できると思います。是非、KINGに参加して、妥協なき本気の空間を味わってほしいですね。」

 

 

 

★すごく刺激的な経験が出来そうですね。KINGの代表として何が大変ですか?

 

 

 

「KINGは基本的に、夏のイベントを開催するために一年間という時間をかけています。一年間という長いスパンの中では、もちろん実行委員の中でやる気の波もあります。どうやって実行委員の気持ちを一つにするか、50人という実行委員のやる気を引き出すか、そこが代表として大変なところです。しかし、コンテストの規模が大きいがゆえにやりがいも大きく、常に責任感を持ち、日本一のコンテストを開催するべく日々邁進しています。」

 

 

 

★KINGを引退した後は何をやるか決めていますか?

 

 

 

「引退した後、残りの学生生活で様々な方面に旅立って欲しいという意味を込めてKINGは2年制を採用しているので、僕はこの夏コンテストを終えてKINGを引退します。先輩方の中には、起業の準備をしたり勉学に励んだりなど様々ですが、視野を広げるという意味でも、とりあえず様々な価値観に触れてみたいですね。ぼんやりとやりたいことはあるのですが、まだ一つに決めたくはなく、というのはまだまだ思いもよらないような選択肢が周りに転がっているはずだからです。大学には自分とまったく違う価値観を持った人がたくさんいるので、そういった人に触れることで新しい自分を発見することが出来ると思います。たくさんの価値観の中で、将来本当に自分がやりたいことを見つけていきたいですね。」

 

 

 

★そんな平岡さんですが、最後にわれわれ大学生にアドバイスを頂きました。

 

 

 

「どんなことにも挑戦してみましょう!やる前から自分とは縁がないと決めつけてやらないのはとってももったいないです。新たな経験が自分の価値観を大きく変えてくれるかもしれないのに、手の届く世界だけに浸っているのではもったいないです。大学時代の貴重な時間を自分のフットワークを軽くして、色んな世界に足を踏み入れることに使ってみるべきだし、自分にも常にそう言い聞かせています!」

 

 

 

 

 

―最後にキングの代表平岡さんからビジネスコンテストの告知タイムです。―

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学生のためのビジネスコンテストKING2011

8.27-9.3

妥協なき本気の空間

エントリー開始〆7/10

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

【日程】 2011年8月27日(土)~ 9月3日(土) 7泊8日

【場所】 独立行政法人国立オリンピック記念青少年総合センター

【参加資格】大学・大学院・短期大学・専門学校に在籍する全ての学生

【参加費】 28,000円

【定員】 120名 (応募者が定員を上回った場合は選考課題にて120名を選抜いたします)

【応募期間 】2011年6月1日(水)~ 7月10日(日)

【主催】 学生のためのビジネスコンテストKING2011実行委員会

【代表者】平岡辰太朗 (慶應義塾大学商学部)

—————————————

●KING2011公式サイト・アカウント一覧

KING2011公式サイト:http://www.king-waav.org/

KING2011公式ブログ:http://kingwaav.blog71.fc2.com/

twitterアカウント:http://twitter.com/#!/KING_2011

 

コンテストの特徴

◇ケースメソッド

KINGは「持ち込み型ビジネスコンテスト」ではありません。

ケースメソッドという、実行委員会が提示する仮想事例に対する解決策を

ビジネスプラン策定によって提示していくものです。

ハーバード・ビジネス・スクールでも採用されている方式です。

<DATA>

KING過去のケース課題:http://www.king2010.jp/history/cases.html

 

◇参加者120名

全国の大学から選考を勝ち抜いた優秀な120名の学生が集まります。

普通の大学生活では出会うことのできなかった学生とコンテストを闘っていきます。

<DATA>

昨年度応募者数:348名

応募者在籍大学所在地:1都1道2府15県海外3校

 

◇初対面チーム制

コンテスト初日に6人のチームを発表し、直後にコンテストが開始します。

友人同士のチームでは生まれない緊張感、しかし最後にはかけがえのない仲間となっています。

 

◇合宿形式

KINGでは7泊8日の合宿形式を採用しています。

コンテスト会場に隣接している宿泊施設に泊まり込んでいただき、プラン策定に集中していただきます。

 

 

 

 

 

【作成…中村祐輝(特別寄稿)】