きよちゃんの写真
 

「きよちゃん」の愛称で親しまれる
関西では知る人ぞ知る『すごい1回生』が
立命館大学経営学部1回生の清光陽介(きよみつようすけ)さん。


Boypedia(ボイペディア)代表、Cafe CROSS BORDER共同経営
日本ほめる達人協会インターン、バックパッカーに、たこ焼きパッカー……?


アクティブでビジョンがしっかりしているイメージの彼だが
出てくる言葉は「自分はすごくない」ばかり。

 

自称クズが、どうしてスーパー1回生?
きよちゃんの秘なる部分に迫る。

 

僕ほんと普通の人間ですよ(笑)

いやいや、みんな「すごい」って言いますやん。きよちゃんの本音、聞きたいんです。

 

 

 

ーーきよちゃんがやってきたこと、やっていること教えてください!


過去にはバックパッカーに、たこ焼きパッカーなんかをやっていました。関東に夜行バスでタコ焼き器持っていってひたすら配ってカンパもらうんです。ほんまあれはやめた方がいいですよ(笑)。


今やっていることとしてはBoypedia(ボイペディア)代表(http://boypedia.boy.jp/)、 Cafe&Bar CROSS BORDER共同経営(http://cafe-crossborder.com/)、日本ほめる達人協会イン ターン(http://www.hometatsu.jp/)ですね。あとは色んなイベントに顔を出しては人との繋がりを作ってます。

 

 

ーーいっぱい出ましたね(笑)。よく聞くのですが、Boypedia(ボイペディア)って何ですか?

 

そんなにやりたいことが分からない、いわゆる『飲み会大学生』のような学生を社会に近づけていく集団です。サイトも一応作ってます(笑)。

女子大生1000人にアンケートしたり、Facebookページで「いいね!」が300押されたら女の子が振り返るっていうスナップだったりを作って、サイトに掲載していっています。男の子ってそういうの好きじゃないですか(笑)。

そんなサイトに『ちょっとお固いセミナーやイベントの情報、起業家さんへのインタビュー記事等が一緒にあったら面白いかな?』『一般層の学生が社会に出る事に興味を持ち始めるかな?』なんて思って活動しています(笑)。

 

 

ーーおもしろいですね!どうしてBoypedia(ボイペディア)を始めたんですか?

 

同じ学部の憧れの先輩とお話させてもらっていた際に、その方が『Girlpedia(ガルペディア)』っていう“女の子が発信するメディア”の関西統轄をしてはる事を知ったんです。

女の子版しか無さそうだったので、「じゃ、僕がBoypedia作っていいっすか?」みたいな感じで始めました(笑)

ほんまこんな感じですよ、軽ノリです(笑)。

 

 

ーーBoypedia(ボイペディア)のビジョンを聞かせてください。

 

今ある他団体のイベントとかサイトって、いわゆる意識高い系学生をさらに高くさせるものが多いなーと感じていて、僕は低い系を持ち上げたいんです。低い系ってなんやねんって感じですけど(笑)。


また、実際僕は3回生と同い年なんです。よって友達の多くは就活生なので、やりたいことをやれてない3回生を見たときに「じゃあ1回生の自分なら何が出来るんだろ?」って思ったんです。

3回生だけじゃなく、やりたいことが分からなかったり、やれていない学生に何か動き出すキッカケや環境を与えたくて、Boypediaをそういう場所にしたいと思っています。

 

 

ーーやっぱりしっかり考えているんですね。今はどんな風に動いていますか?

 

僕自身はマネジメントの手法とか知らないし、常に僕が先に動くことでメンバーに示していこうって前まで思っていたんですけど、さすがに最近は仕事を振るようになってきました。


ほんまは”楽したがり”なんですよ、僕(笑) 。だけど、メンバーが熱心に学ぼうと頑張ってくれているのを見るとめっちゃ嬉しくて、全然さぼれてないです(笑)

実際のアクションとしては、起業家さんとか大手会社に飛び込みしたりしています。

僕達Boypediaの何か始める時の順番は基本『口→足→頭』なんですよ。とりあえず口で言ってみて、動いてみて、そのあと考えます。まぁ順番おかしいですよね(笑)

でも、行動的な方が絶対チャンスが広がるって感じてます。

 

 

ーーそれ、すごくわかります(笑)。きよちゃん忙しそうですよね。

楽しいから忙しいとは感じていません。仮に忙しいとしても、それは仕方ないんです。残念ながら、特別なスキルとか持ってないんで、行動するしかないんです。 人より動くしか……。

 

よく東京行ったり、会議でまともに家に帰れなかったり。やから宿泊道具と寝袋は常備してます(笑)。メンバーでルームシェアしてるんで すが、そこを宿泊所にしています。

 

床が寒いんで僕のベッドは津軽りんごの段ボールなんです(笑)。あ、ほんま温かいんでナメないでください(笑)。

 

きよちゃんの写真2


みんなの世界→2人の世界→ひとりぼっち

誰からも慕われ、人に囲まれている印象の強いきよちゃん。そんな彼にだって、暗い暗い過去があった。

 

 

ーーきよちゃんの今までを、教えてください!


もともと高校までは割と目立つポジションを楽しませてもらっていて、受験は国立大学目指してたんですが、落ちました。

一浪の時に英語に興味もつようになって、それで英語出来るなぁって思った人に東京に会いに行って恋に落ちました(笑)。浪人中に遠恋してたんです、僕(笑)。おかげで一浪も失敗して、二浪目に突入しました(笑)。

 

彼女がいるから、頑張って東京に行こうとしてた矢先にその彼女にフラれて…。

やから、人に囲まれていた華やかな高校生活から、2人の世界に浸って、一人ぼっちになっちゃったんです。

 


ーーうわぁ…(笑)。それから立ち直れたんですか?

 

無理でした(笑)。ほんまに自分が嫌で、絶えられなくなって、フィリピンに逃げました(笑)。


留学みたいなかんじなんですけど、そこでの刺激がものすごくて。そこで出会った日本人がほんま独特な生き方をしてはって『自分の人生を心から楽しんでる』って感じやったんです。

人生の転機でした。『今まで自分で自分の人生の範囲狭めていたなあ』『他人の価値観の中で生きていたなあ』って気づきました。そして、これからは”自分の人生を生きたい”って思うようになりました。

 

 

関東に負けたくない!!!

関東を知るからこそ、思うことがある。

 

 

ーー何かライバルや目標はありますか?

 

関東に負けたくないなっていうのはあります。物事や人が動くスピードだったり、チャンスの多さだったり、関東はやっぱり進んでいると感じています。やから、関西からも情報をドンドン発信していきたいなと思っています。

 

そんな感じで、僕も手始めにBoypediaで1000人イベント”kokokara”を企画しました。(詳しくはページ下に記載)

このイベントを通じて「俺でも何か出来るんちゃうか?」ってことにみんなに気付いてもらいたいんです。そして、みんなが活発なって関西が変わっていけばなって思っています。


ーーそんなにいろいろやっていると、ごちゃごちゃしませんか?


日々ごちゃごちゃしています。色々と迷惑かけてしまってる事も正直あります。反省はしてます。

 

でも、僕は何をやるにも、「出来る出来ないかじゃなくて、や りたいかやりたくないか」で考えたいんです。カフェ経営も、Boypediaも、ほめ達インターンも、ボランティアも全部楽しむことだけを考えるようにし てます。


ほんま僕なんて何もできないですけど、これからも色んなことに挑戦して、経験積んで、自分の人生を楽しんでいきたいです。

 

ひとつの出会いで人生って変わりうるっていうこと、普通の人でもこれぐらいなら出来るんだってことを僕を通じて、

周りが気付き、ワクワクしてくれたらなって日々思っています。

 

あなたの人生、あなたのものになっていますか?

 

きよちゃんの写真3

 

 

「僕のこと、立派に書かないでください」
きよちゃんは何度も私にそう言った。

この謙虚さが人を惹きつけ、みんなを巻き込むのかもしれない。

 

来年2月10日に行われるイベントも、こうご期待です!

がんばれ、関西のスーパー1回生きよちゃん!

 

 

—————————————————————————–

Boypedia1000人イベント『kokokara』

会場:2013年2月10日 大阪市中央公会堂


自己分析、セルフブランディング、夢や目標の見つけ方、起業について

成長企業で働くということについて、全てを学べます。

大学1、2回生にはぜひ参加していただきたい最高のイベントです。

詳しくはBoypediaホームページへ!(http://boypedia.boy.jp/)

—————————————————————————–


Twitter:@love_football18

Facebook:清光 陽介(Yousuke Kiyomitsu)

 

 

【文・構成:三宅瑶 写真:長瀬晴信】