IMG_9486結果

 

 

★今回は学生団体ENTERFACEの共同代表の安部浩生さんと広報渉外局担当の斉藤芙実さん、西春博矢さんにインタビューしました。

 

 

 

基本理念はすべての人々にたのしんでもらうこと!!

 

Lien:まず、ENTERFACEさんの活動内容と基本理念を教えてください。

 

西春:私たちはイベントを企画・運営する団体で、基本理念である「すべての人々が夢・目標を持っている社会を創る」ことを達成するため、イベントという手段 を使って活動しています。そして、どうやったら皆に楽しんでもらえるかを考えた結果、運営方針として「たのしむ・つなげる・成長する」ということを掲げています。

 

Lien:普段は、具体的にどういう活動をしているのですか?

 

斉藤:基本的には、週一でミーティングを行っています。イベントの前などは企画案を練ったり目標人数に対する集客状況を確認したりしています。代替わりをし て、安部さんが代表になってからは、月一のペースで、今までに3つイベントを行いました。今は、新たなイベントにむけて団体内を活性化させて案を練ってい る時期です。

今まで行ったイベントの中で最大規模だったものが、「メトロアクション」という企画で、今年の3月9日に行いました。

この企画は「人に火をつけるのは人である。」というコンセプトをもとに、私たちが用意した4つのコースを、参加者の中で6人1組になってもらって東京メトロのいろんな駅を乗り継いでいきながら、いろいろなミッションをクリアしていく、というイベントです!

4つのコースは、それぞれ内容が違って、それぞれがストーリー仕立てになっていて、ゴールまで行くとその話が完結する、というものでした!逃走中とか、謎解きとか・・いろいろ(笑)。

1000人集めるのが、目標だったですが、当日の天気の都合などで、最終的に300人くらいの方に参加して頂きました。

 

西春:また、ENTERFACEは各部署に分かれていて、共同代表の下に、広報渉外局、人事局、総務部があります。

 

Lien:それぞれの仕事内容を簡単に教えてください。

 

西春:まず広報渉外局は、企業でいうところの営業活動を担当しています。他団体とのつながりを創り、イベントに来てもらうための広報活動を担当しています。

人事局は、ENTERFACEの内部活性のために、カウンセリングをしたり、メンバーの採用活動を中心に担当しています。うちは、入るのに面接があるんです。

最後の総務局は、縁の下の力持ちという感じで、ミーティング運営や金銭管理、レクリエーションの取り仕切りなどを行っています。なので、全体ミーティング以外にも部署ごとのミーティングもあります。

 

 o0800053312133285012

 

Lien:メンバーの採用基準は厳しいのですか?

 

斉藤:かなり厳しいらしいです(笑)。最初募集して集まった人数が150人だったのに対して、最終的に残ったのが今のメンバー約15人だけですから。

西春:あまりにも人数が多いと、団体内でモチベーションの格差が出来てしますので、それを避けて、こういう制度をとっています。

 

Lien:今年行った他のイベントを具体的に教えてもらえますか。

 

斉藤:今年の新歓で西春さんがやったイベントで、ゲームで具材を奪い合って、カレーを作る、というのがありました。具はチームごとにバラバラで、勝敗によって良い具材が手に入ったり、変なのしか手に入れられなかったり・・・(笑)

あとは、6月の父の日に行った「パパトーク」というのもあります。ディスカッション中心で、理想の父親像をグループごとに決めて、最後に投票形式で「Best Of Father」を決めました。

 

7/1には、ENTERFACE設立からちょうど一年目の日だったので、今までお世話になった方々を招待して、パーティーを開いたりしました。

 

Lien:そういう企画はだれが作るのですか?

 

斉藤:特に企画担当という組織はなくて、メンバー全員の中からどんどん案を出して、それが、団体の7割以上の賛成をもらえれば、実行できるという風にしています。

 

Lien:資金調達は?

西春:特にスポンサーなどはついていないです。参加者からの参加費などがメインです。

 

 o0800060012133277911

 

ENTERFACEは、復活の場所!!

 

Lien:次は、斉藤さんと西春さんがENTERFACEに入った経緯を教えてもらえますか。

 

斉藤:私が、この団体に入ったきっかけは、大学2年の時にあります。ゼミに落ちて、彼氏にふられ・・・という暗黒時代でした(笑)。退学さえも考えた時、中 高の同級生の友達で、かつてENTERFACEにいた人が、ここを私に勧めてくれて。そして、説明会に行ったのですが、最初の印象は最悪でした(笑)。こ この理念に賛同できなかったんです。ですが、面接で自分の思いをぶつけたたら、受かってしまいました。

 

西春:僕は、受験に失敗した、と思っていたのがきっかけです。高校の時に地元の進学校に通っていたこともあり、同級生を勉強以外の分野で見返してやりたい、 と思っていました。最初は、大学のサークルに入っていたのですが、あまりやりがいが感じられなかったので、他のサークルを探して いました。その時、先輩に紹介されたのがENTERFACEの3月に行われたメトロアクションでした。企画運営スタッフとして参加し、先代の代表の方から ENTERFACEの理念など説明を受け感動し、「ここだったら、自分も輝ける!」と思い、面接を受けた結果、採用されたので入ることにしました。

 

IMG_9448結果

 

Lien:では、代表の安部さんの入ったきっかけも教えてください。

 

安部:僕は、もともと環境団体の代表をやっていたのですが、ENTERFACEの前代表と知り合いでした。今四年なのですが、三年のとき、彼が新しい団体を 立ち上げたことを知って、興味をもちました。が、当時僕は就職活動などもあり、入るか迷っていたので、とりあえず、その合宿に参加してみることにしたので すが、そこで行われたミーティングの素晴らしさに感動して、入ることを決めました。

 

 

Lien:代表になったきっかけは?

 

安部:前代表が引退した時、次に引っ張っていくのは自分だと感じました。人事局として、いろいろな人と関わってきて、メンバーひとりひとりをもっと輝かせてあげたい!と思い、代表に立候補しました。

 

Lien:今の理念が出来るに至った理由など教えてください。

 

安部:同じ学生同士で同じ夢を持って活動している、という人がなかなかいないと思っ ていました。僕は工学部なのですが、なんとなく過ごしている人が多いです。そんな中、人生一度きりなのに本当にそんな生活でいいのか、もっと夢をもって過 ごさなくていいのか、という思いからこの理念(「すべての人々が夢・目標を持っている社会を創る」)を掲げています。行動することによって可能性は広がり ますから。

 

Lien:一番思い入れのある、イベントは?

 

安部:やっぱり、メトロアクションですかね。メンバーに恵まれました。みんな一生懸命だったし、一つのことにむかって皆打ち込んでいました。打ち上げの時みんなが泣いてたのを見て、「このメンバーは、すごいな。」と思いました。

 

o0800060012133277912

 

Lien:今後の活動の展望や具体的な目標がありましたら教えて頂けますか。

 

安部:僕らはディズニーランドを目指そうかな、と思っています。なぜディズニーランドなのかというと、ディズニーが「夢がある、Where Dreams come true」な場所を作る、と言っているように、僕たちも

「夢、目標を見つけられて、それが叶う場所、自分の可能性が広がる場所」を作りたいと考えているからです。また、ディズニーランドには小さな感動が多いと思います。例えばディズニーランドの水がいつも冷やされているのは、来場者への気遣いがあるからです。

 

 

そんな風に、ENTERFACEのイベントでも参加者への気遣いを忘れず、またENTERFACEのイベントを楽しみにさせたい、楽しかった、また行きたいと思われるようなイベントを作っていって、ENTERFACEがいつまでも続いたらいいな、と思います。

 

Lien:そのためには何が必要でしょう?

 

安部:内部から変わっていくこと、そして人に気遣いをできるように、また来たいと思わせるイベントを考えることです!

 

  

Lien:それでは最後に、西春さんと斉藤さんの団体内での個人的な目標を聞かせて下さい。

 

西春:団体が長く続いていくためには、ファン作りや、団体同士の繋がりも重要だと思うのでそれらを大切にしていきたいです。そして、やはり、自分達から変わっていくことも大切だと思っています。なので、今はつながり作り、ファン作りを個人レベルからやっていきたいです。

 

斉藤:心からENTERFACEを好きな人を作りたいというのと、間口の広い団体になりたい、学生にオールマイティに人気な団体にしたい、と思っています。やりたいことが見つかっていない人に、なにか機会を与えられるイベント作りたいです。個人的な目標としては、

えらくならない!!相手ありきのものなので、なんでも言えばいいと言うことではないので(笑)。

 

 IMG_9461結果

 

(インタビュアー・編集:小林加奈 カメラ:長瀬晴信)

 

 

~気になったこと聞いちゃいました~

 

 

★ENTERFACEでは、どういう人が落ちちゃうの?

・理念に共感してない人

・違うことをやりたいと考えている人

・一緒にやっていくことが想像できない人

★メンバーの男女率は?

女性が多い。

応募は、月平均4~5人来ることも。

今は、週一で採用面接をやってます。

★今後のイベント

夏⇒内部活性化

来年3月⇒1000人規模企画予定