IMG_1259 

 

 

皆さんの大学生活の中心はなにですか?サークル、アルバイト、学業、遊び、恋、留学…ほんとに人それぞれだと思います。今回は就活学年でないながらも2年生という比較的早目の時期からインターンを始めていた一橋大学の伊井さんに話を伺った。

 

 

 

★どこでインターンされているんですか?

 

 

 

伊井:今は「プラスアール」という浜松町にあるITベンチャー企業でインターンをしています。3月から始めました。

 

 

 

Lien:どんなことをされてる会社なんですか?

 

 

 

伊井:「ITと医療をかけあわせてイノベーションをおこす」ことを目標としているアーリィーベンチャーです!具体的にはソーシャルゲームを通じて疾患の啓発、病気に対する意識を高めてもらうことが事業内容ですね。

 

実際にはご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、mixiやGREEのゲームである「島のお医者さん」 やiPhoneアプリである「禁煙なう」 などをリリースしています。

 

 

 

 

 

 

Lien:医療系を扱っているということで会社の中は医療に詳しい方ばかりなのですか?

 

 

 

伊井:そんなに多くないですね。社長(社長のブログ )は専門的な医療従事者ではなくただの健康オタクなんですよ(笑)。ウルトラマラソン(100km)とかやってる感じの。

 

そもそもこの事業を始めたのは社長がネットの検索ワードで医療系のワードが多いことに気づき、でもそれに通じたサイトが少数であることを知ったのが始まりなんです。健康って言う観点から医療については人一倍思う所があったんじゃないでしょうか?

 

ITで医療検索している人に適切なコンテンツを提供して需給バランスを整えたい、そのような心持を持った人たちが集まっています。

 

 

★伊井さんはインターン先でなにをしているんですか?

 

 

 

伊井:特定の職種だけじゃなくマルチにやっています(笑)。具体的には電話応対などの雑用から売り上げ管理、広告掲載の営業、企画考案などです。社長が自身がインターンを通じて成長できた経験からインターン生に色々やらせて同じように成長してもらいたいという考えを持っているんです。

 

★1日のタイムスケジュールを教えていただけますか?

 

 

 

伊井:学校がある日はこんな感じです。

 

 

 

8:00起床、朝食

 

8:30ブログ作成

 

9:30登校

 

10:30授業

 

13:00移動、昼食

 

14:30インターン

 

20:00帰宅

 

22:00夕飯

 

26:00就寝

 

 

 

インターンがフルの日は、

 

 

 

6:30起床、朝食

 

7:30移動

 

9:00インターン

 

12:00昼食

 

13:00インターン

20:00帰宅

 

21:00夕飯

 

26:00就寝

 

★何故インターンをやろうと思ったのですか?

 

 

 

伊井:将来的に自分で事業を持っている人間になりたいという思いがあったので、それを実現するために早いうちからビジネスの実践の場を肌で感じたいと思ったからです。バイトより従事できる場を考えたら必然的にインターンに行き着きました。

 

 

 

Lien:伊井さんはインターンをしてよかったことはどこにありますか?

 

 

 

伊井:早いうちから泥臭い社会の現実を知れたことですね、ここでは言えませんが(笑)。逆にきつかった点は最初の頃は右も左もわからないので何も出来なかったことですね。1ヶ月くらいして徐々に慣れてきました。

 

 

 

 

 

★最後に学生に対してアドバイスをお願いします。

 

 

 

伊井:一年留年するくらいの勢いで色々なことにチャレンジしてみてください。インターンに限らず旅行、放浪何でもいいです。自由に時間を使って今しか出来ないことをやってみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

【文・写真…長瀬晴信】