新着記事

<大学生 東北>

家族との不仲、友人の死、対人恐怖症…。逆境を乗り越え、少子化問題に立ち向かう社会派アイドルの原動力-No.505-自称アイドル 五十嵐有沙

「少子化を止めて、ありりん★WONDERLANDを作りたいんですーっ!」 皆さんの周りにもいるのではないだろうか。さんざん人を巻き込んで、とことん振り回す。けれども、なんだか憎めなくて、愛情すら抱いてしまうような人が。 …

人との出会いをたいせつに紡いでいく。-No.494-史上初の仙台7大学合同イベント「学魂祭」実行委員長 柴田一生

  「学都仙台」。 東北の中枢都市である仙台市には、現在約5万人の学生が暮らしているといわれています。 加えて、人口あたりの学生数は13大都市中、大学院生で2位、大学・短大生で4位、専修学校・各種学校の学生数で …

世界中の誰もが夢に向かって頑張れる世の中にしたい。 -No.487- 山形大学人文学部3年 中村剛大

「やりたいことが分からない」。 大学生の中にはそのように思っている人が少なくない。 しかし、彼は違った。 「機会がないことで貧困を強いられる途上国の人々に対し、微力でもできることをしたい。なぜなら、彼らが僕の人生を変えて …

元いじめられっ子が学生起業家に!人生を変えたのは人との出会いでした。-No.479-東北大学3年 嶋田瑞生

                「東北で面白い大学生といえばまず嶋田瑞生でしょう!」 インタビューをはじめたことを友人に話すと、開口一番に必ず言われた台詞だ。 Facebookを見てみると、まず彼の経歴には驚か …

東北の女子学生だからこそ輝ける場を。-No.478-東北大学4年 山内菜緒

            いま、東北の女子学生がアツい。   国際交流やボランティア、イベント企画など近年、全国各地では様々なビジョンを持った「学生団体 …

建築で、世界を広げよう。 -NO.340- 東北大学工学部4年 寺田健悟

「家を建てたい。」 実家が建つ様子を見ていた少年は、そんな夢を持ちました。 そんな彼は、今や建築学生。 現在の彼にはどんな想いがあるのでしょうか。 久しぶりに会った彼は、いつもと変わらない調子で話してくれました。     …

知識は力、まずは自分の勉強を頑張ること。 -No.273- 東北大学卒業 イリシャット・イブラヒム

    隣の国・中国で起きていること、様々な問題。 どうすればこの状況を変えられるか? イリシャットさんの答えは、「勉強すること」だった。      イリシャット・イブラヒム中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市出身 …

子どもが夢を持てる社会に。 -No.254- 東北福祉大学子ども教育学部子ども教育学科2年 鈴木啓展

  「けーてん」の愛称で呼ばれる男、鈴木啓展。彼は『教育』にとても熱い想いを抱いていることで仙台のその界隈で有名だ。 衝撃的なエピソードをひとつ紹介しよう。 すやすや寝ているなと思ったら彼はおもむろに顔を上げ、「えっ教員 …

カテゴリー

  • facebook
  • twitter

カテゴリー

Copyright © tsunagalien2014 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.