新着記事

<大学生 北海道>

ボッチ充が地方貢献へ動き出す。 -No.506- 面白ハンター 山本哲

  Facebookのニュースフィードに流れてきた、”面白ハンター”という名のブログ。 そっとリンクを開いてみる。 「なんだこれ…?」というのが正直な感想だ。 そこでは、札幌市在住の男子大学生が1人で、 観覧車 …

魅力の発信から、北海道をさらに盛り上げたい。 -No.481~484- 北海道元気プロジェクト 成田龍祐 髙橋 佳寿美 林 将崇 神野 祐輔

「北海道の若者って、北海道の魅力を実感できていない気がする…。」   何気なく、こんな会話になった。   そこから彼らは、北海道・札幌市からほど近い“村”で、 とあるイベントを開催した。   すべては、 北海道の魅力を再 …

逆マニフェスト!?若者の声を、市政・道政に反映! -No.450- さっぽろ若者会議 代表 本間謙斗

  ●本間 謙斗● 1993年生まれ。北海道旭川市出身。北海学園大学法学部法律学科3年。 生まれ持ったアクティブさから、これまで数々の学生団体とNPO法人を歴任。 2015年1月より、さっぽろ若者会議の代表を務 …

『私の音楽、誰かの心に残したい。』 -No.449- 北海学園大学経営学部2年 甘粕志朋

   大学の同級生に、音楽活動に全力を注ぐ女の子がいた。 自分で曲を制作し、ライブで歌う、甘粕志朋。   初めて聴いた彼女の歌声は、力強く、とても綺麗だった。 今度は歌以外に、彼女の話を聞いてみたいと思った。 …

2代目の苦悩と決心-学生団体代表対談- -No.399- 「ガクセイ基地」代表 水戸部咲×「Lien(リアン)」代表 吉田健一

  新しい団体、リーダーシップ溢れる代表、続々と集まる新メンバー  そんな怒涛の1代目が終焉を迎え、  遂に2代目としての活動が幕を開ける。  しかしそこが運命の分かれ道。  ほとんどの学生団体は 2代目を期に存続の危機 …

価値ある答えを探し求めて。 -No.368- 学生団体MI KAI 代表 高山道亘

「なぜ彼は、これほどまでに強い志をもつことができるのだろうか。」   彼の話を聞いていて、そんな思いが湧いてきた。     人付き合いを敬遠していたはずの彼が出会った、   仲間、海外生活、就職活動、そして学生団体。   …

中国と日本をつなぐ、“懸け橋”に。 -No.316- 北海学園大学経営学部3年 孟成真

      「中国と日本の間で、自由に生きたい。」   そう語った彼の目は、熱い思いに満ちていた。   日本に来たのは8年前。 初めは日本語が分からなかった。   その中で様々なことに触れ、感じ、考え、 日本で起業する決 …

カテゴリー

  • facebook
  • twitter

カテゴリー

Copyright © tsunagalien2014 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.